aika-shokudo

                  

カスタム検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続、遭遇。

前回のつづきなんですけどね。

いや、

いう程続いてはいないんですが、つづきです。


外国に住むと、いろいろありまして。

べたに言うと、言葉の違いだとか、文化の違いだとですが、

ちょっとした事だと、車の車線が逆なんで、

横断するときに確認を日本と同じように見て、軽く轢かれそうになったりとかするんですね。

そもそも、逆走してくる車がめっさ多いってのはさておきですけど。


でね、

しばらく慣れなかったのが「お金」。

日本だと、

1円、5円、10円、50円、100円、500円がコインで、

1000円、5000円、10000円が紙幣なわけですね。

2000円札ってのもあるわけですが、

初遭遇したときの物珍しさ以降は厄介なだけの存在なので、めっきりみかけませんね。

実際に何かと不便だし、迷惑なだけなんですが。

で、

こちらのお金はといいますと、

単位は「元」と「角」です。

日本的に言えば「円」と「銭」ですね。ようは、1元の10分の1が1角って事です。

実際に画像で見ていくと、

一番大きいお金が、



100元。

普通の新卒の子の給料が、2000元から3000元位みたいなんで、

日本的な感覚で言えば、1万円みたいな位置付けに感じるけど、

近所のコーヒーショップでコーヒー1杯飲んだら19元だったり、

モスで、セット一つとハンバーガー一個買っても、50元位なんで、

いまだになんだかよくわからないです。



その下が50元。



そして20元。

中途半端な単位ですよね。2000円札的な。

さすがにもう馴れましたけど。



10元。



5元。



1元。



5角。

と、ここまでが紙幣です。

紙のお金の数がなんだか多いですね。

これにも初めはなじめませんでした。

日本人的な感覚だと、紙のお金って高額なんだけど、

こちらではやっぱり小銭は小銭。

だから、1元札とか5元札、10元札もかな?これらはコイン感覚で扱われています。

おつりもらって、小銭はコイン感覚でポケットに突っ込まれたりするんで、

しわしわのぐっちゃぐちゃなのが多いです。

特に男性に多いんですけど、

財布に入れてるのは100元札だけで、それ以外はポケットから出てきたり。

そもそも、財布持っていない人が多い気もしますが。

あと、銀行のATMで100元だけしか(機械によっては50元も?)入金できないみたいなんで、

日本のコインのように、同じお金がぐるぐる回っている気もしますね。

だから、ぼっろぼろになっていくと。そもそもの扱いも雑だけど。


で、

コイン。



1角。

ちっこいですね。



これは、あんまりみかけません。



5角。

でも、これはよく遭遇します。

何でかって言うと、例えば、会計が10,3元だったとすると、

3角が切り捨てになったり切り上げになったりするわけです。

その辺の匙加減がいまいちわからないんだけど、

5角以下だと大体切り捨てになるかなって感じです。

5角以上だと切り上げてみたり切り捨てになったりしますが。

さすがに、大きなスーパーとかだとその辺はちゃんとしてますけどね。

あ。

この辺は、近所の市場での話なんで、いまいち言い切れないですけどね。

で、



1元。

これがいまいちよくわかんない。

札とコインを共存させとく理由は何???

どっちかっていうと、コインだけでいいような気もしますが、

ウチのスタッフ曰く、札の方がみんな好きなそうです。この辺はピンときませんね。

だから、ウチのお釣りも「札の1元」しか用意していなかったりします。

じゃあ、コインの存在理由っていうか、

そもそもいらねーんじゃねーのって話ですけど、

でかいデパートでも、ちょいちょいトイレの紙が有料だったりするわけで、

トイレットペーパーの自販機(日本の駅とかで見かけるのと同じタイプ)が、

1元コインのみ購入可だったりするんで、

そん時に必要だったりします。何度か持ってなくて困った経験ありますし。

まぁ、

それ以外に有効な使い道は見当たらないんですけどね・・。


そんなわけで、

今回は、無駄にひっぱりつつも中国のお金の話だったりするんですけど、

タイトルの「遭遇」ってのは何?って話ですよね。

ついに遭遇したんですよね。

N・I・S・E・S・A・T・H・U!!!!!! 

それがこちら。



根本的な部分で馴染みがなさ過ぎてわかりませんが、



下がニセモノです。並べると違いますね。

確かにね、

何かにつけ支払いする機会はあるんだけど、

ほぼすべてで、100元札は何かしらの方法で偽札の確認は行われます。

スーパーでも、コンビニでも、路上の屋台でも絶対です。

50元は、確認したりしなかったりですが。

大体は、触った瞬間に偽者はわかるらしいですけど、僕にはまったくわかりません。

言われてみれば、違いはわかるけど。

ちなみにこれは、

僕が掴まされた物じゃなくて、しゃちょさんが掴まされた物を貰いました。

珍しいんでね、帰国の際にお土産にでもします。

日本じゃまぁまず見かけないですからね。

ちなみに、銀行のATMからも出てくる可能性があるらしいんで、どんだけ出回ってんだって話ですね。

まぁ、

大体は100元札だそうですが。


そんなわけで、いかがだったでしょうか。

とってもファンキーですね。

それではごきげんよう。
関連記事

Comment

2013.11.30 Sat 19:27  今回は・・・。

こんばんは~。
今回は、勉強になりましたなぁ。
元はみんな知っていると思うんですけど、
角っておっちゃん知りませんでした~。
でも、使い分けるのが大変そうです。
ちなみに、そちらの季節はどんな感じなんでしょうか?
こちら秋田は、雨やら雪やらで・・・冬の装い近いです。
  • #-
  • おっちゃんライダー
  • URL
  • Edit

2013.12.01 Sun 03:43  めずらしく・・

有益(か?)なネタですw

僕も来るまで元しか知りませんでした。
はじめてみたときはなにがなんだかw

そちらはさすが雪国って感じですね。
金沢も寒いみたいですが。
こちらアモイは昼間はTシャツじゃ寒いですね。
シャツ一枚ほしいかなって感じで、夜は軽く上着ほしいかなって程度ですね。
周りを見ても春秋物の服装って感じですかね。

完全に季節感が麻痺しておりますw








管理者にだけ表示を許可

Home

counter

calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

profile

aika

Author:aika



石川県在住の36歳



雑に書いている為、メンテ記事等でわかりにくい所があれば最新日記にコメントするかメールフォームよりご連絡くださいませ。

もちろんフリーリンクで相互リンクも喜んで♪

contact

名前:
メール:
件名:
本文:

category

comment box

new

great!!!

archive

RSS

QR

QR

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。