aika-shokudo

Date : 2013年07月

カスタム検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

溶接とか加工とかの話をざっくりとちょびっとだけ。

結婚しましたーってメールの返信の〆に、

それでは、人妻コンパお願いします。って書いたaikaでございますが、

みなさまいかがおすごしでしょうか。

僕は、あいかわらず残念な感じですが大丈夫です。



さて、

今回は、そのうち書こう書こうと思っていた事だったんだけど、

ついにその時がきたので書いてみようって話からです。


溶接の話なんですけどね。

やった事ない人からすれば、溶接ってどんな感じ?って思ってるはずです。

こうしたらどうなるの?とか、こういう時どうすんの?とか、

そんな話です。

技術的な話とかちゃんとした話は、本職の方が、がっちりと書いていると思うんで、

ほんとざっくりした話です。

数パターン用意してみたんで、未体験な方はへーっておもってもらえればと。

理屈とかもできるだけ省略するんで、気になる方は各自おググリくださいませ。

まず、

IMG_0636.jpg

こんな感じでT字型で直角に溶接してみます。

IMG_0637.jpg

ココってトコの両側ですね。

IMG_0606.jpg

罫書きまして、

IMG_0608.jpg

こんな感じで溶接してみます。

IMG_0610.jpg

ちょっぴり溶接して固定、

IMG_0611.jpg

逆側も。こっちから先にがっちり溶接するんで、固定は少な目。

IMG_0612.jpg

がっちり溶接。

IMG_0638.jpg

絵に書くとこんなん。

すると、

IMG_0614.jpg

がっちり溶接した側に曲がりました。

IMG_0639.jpg

でもコレくらいなら大丈夫。

IMG_0615.jpg

逆側もがっちり溶接。

すると、

IMG_0616.jpg

あら不思議。元通り。

こんな感じでちっちゃい物だと、

一気に溶接してもそんなに引っ張られないんで、大丈夫だったり。

もっとでかいものだと、一気に溶接するといっぱい引っ張られるので、

叩いて直してから、逆側も溶接です。そうしないと斜めに付いちゃって大変。

じゃ、

このパターンで曲がらないようにするにはどうしようかって訳だけど、

IMG_0617.jpg

こんな感じで卦がいて、

IMG_0620.jpg

その線に沿って、

IMG_0621.jpg

アングルを溶接。

簡単な治具(ジグ)を作ります。

IMG_0622.jpg

そんで確認。

IMG_0624.jpg

材料も固定。

IMG_0628.jpg

すると、結構大丈夫だったり。

これも、もっとでかいのだったら一気に溶接せずに両面ちょっとずつ交互にやったり、

冷えるの待ったりとかで、反ったり歪んだりしないように気をつけたり。

ちなみに、

馬鹿でかいのだと、反りをあらかじめ計算して反らして固定するジグを作ったりとか、

一般家庭でそんなややこしい構造物は作らんだろうけど、そんな事もありますよーって話。


あと、

アークとか半自動とかで、

IMG_0645.jpg

溶接する時は、

IMG_0646.jpg

削ってから、

IMG_0647.jpg

溶接。

IMG_0648.jpg

そうするとがっちり付きます。これ、開先(かいさき)ってやつ。

一見溶接できてるようで、ほんとはできてませんでしたってのを防げたり。


次は、

IMG_0652.jpg

パイプを繋いでみます。

IMG_0651.jpg

このまま溶接しても良いんだけど、強度的にどうだろ?って場合。

ようは、中に補強を入れたい場合。

バイクだと、ハンドルとかかな。

IMG_0653.jpg

あな開けて、

IMG_0654.jpg

中身を仕込んで、

IMG_0655.jpg

仮付け。

IMG_0659.jpg

そんで、穴をどばっと溶接。ちなみにこれ栓溶接(せんようせつ)。

見たまんまの名前。

IMG_0660.jpg

サンダーかけたらこんな感じ。

色塗っちゃえばわかりません。

あと、

角が欠けたら裏に銅版当てて半自動で盛って削ったりとか、ってのも書きたかったけど、

半自動売っちゃったんで書けません。


溶接は、こんな感じで。

知らない人は、ふーんって感じだろうし、

知っている人は、もうちょっとちゃんと書けやって感じでしょうね。

ってか、

溶接下手すぎだろオメみたいなつっこみは勘弁してくださいね (わかってるから)





あと、最後についで。

罫書きはマジックでもいいんだけど、

ケガキ針も良いです。

ようはこういう事。

IMG_0671.jpg

仮に、細いのがケガキ針、太いのがマジック。

IMG_0672.jpg

実際は、アップで見ると、

IMG_0673.jpg

コレくらい違ったり。

で、

IMG_0674.jpg

マジックで卦がいて、穴を開けるとする。

IMG_0675.jpg

黄色がポンチ。

でも、

IMG_0676.jpg

ありがちなのが、ちょっとずれる時。

一個だけなら良いけど、

IMG_0677.jpg

こういう感じにしたい時に、マジックだと、

IMG_0678.jpg

こういう可能性が出てきて、

IMG_0679.jpg

こういう風になりかねないわけ。

10mmのボルト挿すのに、10mmの穴開けるとかじゃなければ(だいぶ大き目に開ける場合)

何とかなるかもだけど・・ってことです。

もちろん、わざわざケガキ針を買わなくても、

折れたドリルの歯をキンキンに尖らせて、

持ち手にテープでも巻けば、ケガキ針の出来上がりです。


ボルト穴ついでに、

IMG_0661.jpg

けがいて、

IMG_0662.jpg

適当に穴あけて、

IMG_0663.jpg

ナットを溶接する場合、

IMG_0664.jpg

皿頭のボルトで、

IMG_0665.jpg

固定すれば、

IMG_0666.jpg

溶接してもずれません。

IMG_0667.jpg

ちゃんと真ん中に来ます。

IMG_0670.jpg

絵に書くとこんなん。

嫌でも、真ん中に来るって訳。

しょっちゅう大量にナット付けてる人は是非。



最後に特定個人向けメッセージ。



やってみたらいがいといけました。旋盤だとどうかわかりませんけど・・。

最初はわざわざ先端を落としたもの、

2回目は、それをサンダーで研いだものです。

芯さえちゃんとでていればって感じでしたね。

一度、試してみても良いんじゃなかろうかと思います。




そんなわけで、今回はここまで。

ガソリンタンクネタはちょっとだけ進んでるけど、書くほどじゃないんでね。

それではごきげんよう。





バルカンのワンオフガソリンタンク製作(14)

レンタル屋にふらっと寄ったら一本50円だったので、

ノリで11本も借りてみたんですね。

普段よっぽど見たいのがない限りは借りない洋物を中心に。

でも、無駄にいっぱい借りるとありがたみがなくてダメですね。

全部ながら見です。もちろん吹き替えで。

ただ、これはいい機会だとばかりに、

普段なら絶対借りることのないであろうのとか見たり(最近の方の猿の惑星とか)できたんで、

そういう点では、とっても良かったなと。

ちなみに、

土曜に借りて、すでに9本見ました。









なんだか、ひまそうでしょ?

実際にひまなんですけどね。

さて、

今頃になってバッドマンに夢中になりそうな僕ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

暑く感じるのって湿度の影響がでかいんですね。

ガレージ30℃越えなのに余裕でした。

そんなわけで、

今回はバイク用のガソリンタンク製作の続きです。

なんだかひっさしぶりな気がしますね。ひま野郎のくせに。


まずは、

前回の最後に予告で書いた鉄板。

なんだか思わせぶりに登場した鉄板。

ガソリンタンク製作 (227)

だいたいで切りまして、

ガソリンタンク製作 (228)

机の上に常設。

これでいつでも机の上で溶接することができたり。

ガソリンタンク製作 (230)

錆びると邪魔くさいので、

ガソリンタンク製作 (231)

エンジンオイル(の半端)と、グリスをまぜて塗っときました。

これでしばらくは安心。

とりあえず、うちに常時あるのではこの組み合わせが一番有効かと。

もっといいのがあったら教えてさい。


ちなみにこの思わせぶりに登場した鉄板、

底板の切り出しに失敗したばかりに、材料が足りなくなったんで買っただけでした。

ちなみに3x6で特価のときのコンパネ2枚分弱位のお値段。

今回は、近所の鋼材屋さんで買いました。

でかいと使いづらい上に邪魔なんで切っただけです。

ほんとはこんなにいっぱいいらんのだけどね。おかげで失敗し放題です。

ガソリンタンク製作 (234)

トンネル部分は昨日のうちにだいたいできてます。

ガソリンタンク製作 (245)

トンネルだけ載せるとこんな感じ。確認です。

コレくらいのちっこい分割タンク作ろうかなとかおもったり。

ガソリンタンク製作 (247)

こんな感じで使います。

あ・・。

ガソリンタンク製作 (249)

足りなくなりました。

ガソリンタンク製作 (266)

仕方ないので足します。

ガソリンタンク製作 (267)

けがいて、

ガソリンタンク製作 (268)

ガソリンタンク製作 (269)

カット。

ガソリンタンク製作 (271)

ガソリンタンク製作 (272)

点付けからの溶接。

今回は、弱めで両面から流してみました。

これでトンネルの準備できました。

ガソリンタンク製作 (279)

次は底板。

ガソリンタンク製作 (280)

型紙作ります。

ガソリンタンク製作 (284)

切り出して、腕力で曲げます。

ガソリンタンク製作 (282)

どうせ完璧にはできないんで、だいたいでいいんですよ(遠い目)

ガソリンタンク製作 (285)

ぎゅってしながら仮り付けしました。

ガソリンタンク製作 (286)

両側交互にちょっとづつ。

ガソリンタンク製作 (288)

細かく点付け。

ガソリンタンク製作 (291)

ちょっと大きいんで、削りながら。

ガソリンタンク製作 (293)

ここだけどうにもならなかったんで、

ガソリンタンク製作 (294)

切ったり叩いたり。

ガソリンタンク製作 (296)

これ以上は寄せれなかったんで、

ちょろっと点付けして、熱いうちにハンマーで叩いて、強引に寄せました。

ガソリンタンク製作 (301)

そして本付け。

ガソリンタンク製作 (303)

つぎはトンネル装着の為に切ります。

紙テープより、ビニールテープが有効です。伸びるんで。

ガソリンタンク製作 (305)

いちおう保険でマッキー使用。

剥がれたら見失うから。

ガソリンタンク製作 (307)

切れました。これはだいたいです。

どうせきっちりあわないんで、トンネル側をあわせます。

ガソリンタンク製作 (320)

ほら、あってない。

ガソリンタンク製作 (321)

ここでランチ。

しろくまファミリーパック(5本入り)です。一人だけどファミリーパック。

1本売りのよりミルキーすぎるのが、些かお好みが分かれる所ですね。

ご注意を。

ガソリンタンク製作 (322)

余分を切りました。ちょっと大きめにです。

ここも、点付けしながら削ります。

ガソリンタンク製作 (324)

こっちからスタート。

ガソリンタンク製作 (328)

ここがあわせ切れませんでした。

どうにもならんので溶接で埋めたりました。

ガソリンタンク製作 (331)

本付け。

接写は無理です。溶接下手くそなんで。

ガソリンタンク製作 (318)

後ろ側はどうするかまだ決まってないので、がったがた。


ようやく完成が見えてきたところで、

今回はここまで。

それではごきげんよう。











バルカンのワンオフガソリンタンク製作(15)

数日前のことなんですけどね。

むしょうにラーメンが食べたくてですね。

ああ。そういえばあそこにラーメン屋ができていたなと。

まっすぐ行って右側にできていたなと。

そうだあそこにしよう。そうしようと。意気込んでいったラーメン屋がですね、

まぁなんというか、

思っていた感じと違うというか、好みの感じじゃなかったっていうか、

看板にでかでかと書いていた感じと違うというか、なんとも残念な感じというか、

可は無く不可は有りっていうか、

ようは、

簡単に言うと、まずかったんですね。

ちょっとやそっとのレベルじゃなく、良くない意味で鮮烈に記憶に残るといいますか。

色濃くダメージが残るといいますか。

そのダメージたるや、翌日まで引きずる始末でして。

何処の店かは言わんけど。


そんなわけで、

二日連続で晩飯はラーメンでした。

IMG_0550.jpg

僕の知る限り、もっともおいしいラーメン屋さん。

あいかわらずの安定した美味さ。

素敵。

万味素敵。

よけいなことしてないってとっても素敵。

途中でちょっと酢を入れて食べました。

また、

ひどい目にあったら行こうと思います。














冷やし中華がはじまったそうです。

ガソリンタンク製作 (340)

なんか、らーめんばっか食ってんな俺。

そんなわけで、本日もガソリンタンク製作です。

ガソリンタンク製作 (341)

がったがたです。

ここをなんとかします。

ガソリンタンク製作 (343)

本日もビニテ大活躍。

貼ったりはがしたり、載せてみたり、眺めたり、タバコ吸ったりで決定。

ガソリンタンク製作 (345)

切りました。

ガソリンタンク製作 (344)

型紙。

ガソリンタンク製作 (346)

鉄板ちょきちょきっと鋏で切って、

ガソリンタンク製作 (347)

叩いて、

ガソリンタンク製作 (348)

切って、

ガソリンタンク製作 (350)

溶接。

ガソリンタンク製作 (351)

できました。

ガソリンタンク製作 (352)

ガソリンタンク製作 (358)

やっと形になりましたね。

ガソリンタンク製作 (361)

サンダーかけながら考えます。

ガソリンタンク製作 (364)

ガソリンコックはともかくとして、

ガソリンキャップの場所が決まりません。

ここ数日、作業しながら考えていたんですけどね。

どうしましょうか。



そんなわけで、あんまり進んでないけど今日はここまで。

それではごきげんよう。



物申す!

先程まで、よくわかんらん内容の日記が更新されていたのを、

ご覧になった方もおいでるのではないかと思われますが、

事情を説明しますと、

ストック部品の、ガソリンタンクが売れましてですね。

fc2blog_201307061541086c9.jpg

ネオファクトリーのスポタンです。

油断していたら錆ましたが、たいした問題じゃねーです。ぜんぜん大丈夫。

どうせ塗装の時にあしつけするし、中はコーティングしてありますし。

ちょっと、お安くはしたつもりですが、

どうします?

ここはやっぱり、読者様特典つけるべきですかね?








そんなわけで、次回はネオファクトリーの汎用タンクをつけるには?

って内容になると思われますが、

みなさまいかがおすごしでしょうか。どうもリア・ディゾンです。


ちょっといい機会なので、書きますけど、

あわよくばおまえ何様やねんみたいな風に思われかねないのは承知です書きますけど、

こんな感じでですね、時折ご連絡いただくんですね。

ここどうしてんの?とか、ここってこうじゃない?とか、ってかどうよ?とか。


一時期、非公開のコメントを受け付けていなかったのですが、

いまは受け付けています。

それはなぜか?

直接メール来るんですね。ようわからん内容の。知らんわ。そんなんググれやって内容の。

じゃ、メールフォーム外せばいいんじゃね?って話ですけど、

実際は、ようわからん内容のメールって、ごく一部なんですね。

ほとんどは紳士的に、ご質問やご意見をいただける方です。


でも、一部いるんですね、ようわからん人が。

例えるなら、質問サイトで説教食らうような、自分で考えろやアホちゃうかって内容のが。

わからない事をわからないって言うのは良いことやとはおもうんですけどね、

わからない事をわからないからって、

自分で調べもせずに誰かに聞けば良いみたいな発想が、

とても嫌いです。

そういうのが、透けて見える感じがとても不愉快です。


コメントを入れて下さるかたで、

コメント非公開の方にはおおまかに2つほどパターンがあります。

ひとつは、

お気遣いからくるもの、僕がどうしてもエモーショナルな事を書くので、

それを踏まえ考えた内容、

あまり一般公開しないほうでは良いのではないのかって話。僕の心情や内容を察してくれたものですね。

これはありがたい限りですし、本当にうれしいです。

もう一つは、

個人連絡先を入れてくるもの。ようはメルアドですね。

こっちからすれば、なになに?リコメ見るのめんどくさいってか?直接返事返せってか?

なんでやねん。めんどくさ。

そう感じちゃうんですね。もちろん実際はわかりませんし、

そんなつもりなんて無いのかもでしょうけど。

でも、前述のくだりもあり、こっちからすればわからんのですよ。

だから、直接メールは返しません絶対に。コメント欄に普通に返します。

そもそも、その記事から質問が生まれるって事は、

他にも同じ疑問を持つ人がいるって可能性があるはずなんで、

知りたい人は、コメント欄まで見ればわかりますよってのもあります。



このブログは、検索エンジンに引っかかるように書いてますし、

ググって、ふらっとのぞいてくださる方もきっと多いと思うんですね。

こちらからすれば、その人が毎回、又は、定期不定期的にわざわざ購読してくださってる方か、

ふらっと一見さんなのかわからんわけですよ。

ただ言えるのは、

どっちかって言うと、いちげんさんより、

ちょこちょこ覗いてくださってる方の期待や要望に答えたい。

この発想って変じゃないよね?

僕は、普通にえこひいきしますよ。

当たり前に。



わざわざ、こんな事を長々と書いて、嫌な事があるなら、ブログ辞めればいじゃん。

ないしは、

コメントもメールフォームも伏せればいいじゃん。そう感じた方もいるでしょう。

でもね、

辞める気も変える気もさらさらないんですよね。

書いてる事がマイノリティーなのもあるけど、知りたい人は知りたいでしょ?

画像で伝わらない人もいるわけでしょ?

だから、知りたい人だけ聞いてくださいってスタンスなんです。

だから、問い合わせはできるようにはします。ご意見も伺えるようにしています。

今まで、僕も尋ねていますし、いろいろ教えてもらっています。

若輩ですし下手糞ながら、ここもそうなれば本望なんです。

ホビーってそんなもんでしょ?楽しみたいじゃない。

だから、今のままのスタンスを続けます。


ただ、

今後は、無礼者は晒していきます。非公開であろうと晒します。引用で答えますので。

そして、これからは遠慮なく思う事を伝えさせていただきます。



ちなみに、

今回ご連絡くださった方は、紳士的かつ常識的で本気の方でしたので、

直接ご連絡させていただきました。で、結果として売約と。

しかも、結構前から読んでくださってるようで、ほんとありがたい限りですね。

プライベーターは助け合いのお互い様ですので、どんとこいです。まじで。

ただ、

僕は微力ですがね。





ーちょっぴりバルカン速報ー

ガソリンタンク製作 (368)

コレを使って作りました。

詳細はあらためて。



それではごきげんよう。


汎用スポーツスタータンクをバルカンに取り付ける方法を考えてみる。

近所のよく行くコンビニにですね、

わかいねえちゃんが働いてるんですね。

ふわふわの長い金髪でなんともギャルギャルしいねえちゃん。

年のころは10代そこそこかな?そんなねえちゃん。

やる気があるんだか無いんだか、でもサボってるわけでもない普通に働くねえちゃん。

珍しくもなんともないですね。よくいます。

そのねえちゃん。どっちかっつーと、美人さんなんですね。すらっと長身で。

わからんけど、きっと美人さんの類に入るかと思われます。

常にすっぴんだけど、すっぴんすぎて眉毛ないけど、それでも美人さんには違いないわけです。

その金髪のギャルギャルしい美人のコンビニねえちゃん。

なんでしょうか。

僕には、男にしか見えないんですよ。

長いふわふわ金髪だし、美人だし、女性的なやや高めのかわいらしい声なのに、

なぜかずっと前から、どうしても男性にしか見えないんです。

なんででしょうか。

だれかおしえてください。

(知らんがな)








今日は降ったりやんだりと晴れたり曇ったりで大忙しでしたが、

皆様のお住まいの地域はいかがでしたか?

油断していたらキャブに水が入りましたでお馴染み、どうも、インリンオブジョイトイです。

今回は、前回の予告どおり、

ネオファクトリーの汎用スポーツスタータンク(スポタン)を、

バルカンに装着する為には?ってお話です。

いや、売れたんでね。

ブログネタありがとうございますつーことで。

ガソリンタンク製作 (425)

もちろん、ラジエターのあれこれは移設です。当たり前。

とりあえず、のっけてみる。

ガソリンタンク製作 (423)

前によせるとこう。

ガソリンタンク製作 (424)

後ろにめいっぱい下げるとこうですね。

微妙な違いだけだけど、こうやって付けてる人が多い気がします。

ちなみに僕は前によせた方が好みだったりしますが。


問題は取り付けです。

なまじフレームがすっきりしているからって、

フレームに穴空けて、そのままタップってのを見かけますね。

これはバルカンに限らず、一本フレームに載せる場合にやりがちなんじゃないかな。

もちろん、自分でいじってる限りは自己責任やと思いますし、

どうしようと勝手だっていえばそうなんですけどね。

僕も傍から見ればどうでしょうって感じですし。

ただ、

これは危ないですって言い切れます。

フレームパイプの肉厚って3mm前後かな?

仮に3mmだとして、M8の1.0mmピッチのボルトで固定したとして、

平面であれば3山のタップになるわけですね。

でも実際は、Rがかかっているわけで、きっちり1周分のねじ山がたっているのは、

はたして3山もあるのか?って話です。


そもそも、3山でいいのか?って話が大前提にありますね。

そんな状態のボルト2、3本でとまってるタンクなんて、

ちょっとケリでもいれれば、外れそうですよね?

まぁ、バイクのタンクにケリを食らうような状況なんてそうそうないだろうけど、

ありそうな話で言えば、転んだ時とか。

ぽてんと立ちごけ1回位ならい大丈夫かもしれないけど、

がっしゃーんっていった場合はどうでしょう?

やばい気がしません?

ちなみに、転ばなくても振動で負荷がかかり、

ずぼっと切ったタップごと抜けるなんてのもあります。

これは、実際に見た事も直した事ありますね。


しばらくは大丈夫でも、そのうち壊れる付け方をするのってどうかと思いますね。

しかも、簡単には直せないと思います。

M8のボルトの次は、

簡単に手に入るサイズとして、M10の1.25かM10の1.5でしょうか?

それこそタップがより少なくなるんで、同じ事になるのは時間の問題でしょうね。

まぁ、

こういいながらも、ほんとは気持ちはわからんでもないんですが。

シンプルにすっきり付けたいのはよくわかりますし。

20110817210433afa_20130707212205.jpg

簡単にこの方法でつけようと思ったら、

写真のようにフレームにナットを仕込むか、

貫通穴あけてパイプ仕込んでってのがシンプルでいいんでしょうけど、

どちらも溶接機ないとできないですよね。

それじゃ、どうしようかと。

やっぱり、ステーで付けるしかないんじゃないかなと。

ガソリンタンク製作 (420)

前は、補強プレートに貫通穴。

ガソリンタンク製作 (419)

こういう感じでならいけるかと。

次は後ろ。

ガソリンタンク製作 (418)

これがベストかなー。

ガソリンタンク製作 (417)

かっこわるいけど。

でも、

なんかのひょうしに外れかねない方法より、

かっこいいステーを考えた方が無難じゃないかなと。

まぁ、

前さえがっちり固定しとけば、後ろはフレームにタップでもいける気がしなくも無いけど。

最悪、いきなりタンクを落っことす事はないだろうし。

おすすめはできないですけどね。

ついでにステー参考画像。

ガソリンタンク製作 (416)

ガソリンタンク製作 (415)

ガソリンタンク製作 (414)

あとは曲げるだけ。

画像はボルトを溶接しているけど、組み立てでもいけますね。

つーわけで、個人メッセージですけど。

このステーは、読者様特典って事で同梱しましたので、使えそうなら使ってくださいませ。

もちろん、無理して使う必要は無いですよー。

自分のバイクなんだから、自分が好きなようにやるのが一番良いと思いますので。


いいタイミングなんで、最後にもう一つ。

締めこんだボルトってなんで緩まないか知ってます?

ここからは、わかりにくいと評判の手書きで説明します。

IMG_0916.jpg

これ、板にタップ切ってあるものとおもってください。

IMG_0917.jpg

ボルトいれます。

IMG_0918.jpg

小さく書きすぎたので、書き直しました。

IMG_0919.jpg

伝わるかな?

詳しい理屈ってのは割愛しますので、気になるひとは自分で調べてくださいね。

一言でいうと、ようは、ココって書いたトコ同士がくっついて、摩擦抵抗でゆるまないんですよ。


その仕組みを踏まえて、極端に言えば、

IMG_0920.jpg

ボルトががったがたってのはあまり無いだろうけど、

取り付け部が、がったがたなんてのはありそうなんでこう書いたんですけどね、

そりゃ、緩みやすくなるわけです。

ちなみに、パイプだと、

IMG_0921.jpg

もはや接点ほぼないですよね。

実際に、めちゃめちゃ緩みます。ダブルナットやらスプリングやらとがんばっても無理です。

じゃあどうすんのってわけですけど、

IMG_0922.jpg

こういう形状のを作って、

IMG_0923.jpg

貫通穴だったら、こういう感じになります。

こんな部品見たことないですか?単なる飾りじゃなくてちゃんと意味があるんですね。

ありがちなのは、キャップボルト、六角レンチなんかで回すようなボルトですね、

そういうのでこっそりこうなってるのを見かけますね。

同様に、飾りっていうか、ワッシャーがわりになってるのもありますけど。


これとは別に、

根本的に振動が多いと緩むものは緩むんですけどね。

古いSRとか、古いハーレーとか。

そんなとこまでロック剤つけんの?ってのが当たり前だったりとか。


そんなわけで、こういう趣味をもっていればわりとな常識的な話ですけど、

自分でやる派なら、知っといても損はしないかなって話でした。



今回はこの辺で。

次回はバルカンのお話です。

それではごきげんよう。







counter

calendar

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

profile

aika

Author:aika



石川県在住の36歳



雑に書いている為、メンテ記事等でわかりにくい所があれば最新日記にコメントするかメールフォームよりご連絡くださいませ。

もちろんフリーリンクで相互リンクも喜んで♪

contact

名前:
メール:
件名:
本文:

category

comment box

new

great!!!

archive

RSS

QR

QR

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。