aika-shokudo

Date : 2012年07月

カスタム検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.07.01

人が死ぬってどういうこと?

ある人がそう言いました。


家から一歩でも外に出るのであれば、

大多数の人と同じように、学校に行き、仕事に行き、休みは遊びに行き、

そうすれば、どこかの誰かと出会い、何かしらの接点を持つわけです。


その中には、

毎日のようにつるんでいたのに、もう何年もあっていないし、連絡もとっていない。

それでも、覚えている人もいれば、

長い時間同じ空間にいたはずなのに、確実にいたはずなのに、一瞬たりとも思い出すことがない。

そんな人もいるわけで。


後者の方は、今現在、生きているかどうかすらわからず、

きっとどこかで元気に暮らしているであろうはずなのに、実際には、全くわからない。

連絡の取りようもなければ、そもそも取る気もない。もっといえば、自ら思い出す事もない。

その人は生きているのか?

生きているんだろうけど、自分の中ではどうだろう?


では、前者は?


気にはなっているし、忘れた事なんてないのに、連絡は取っていない人。

噂すら聞こえてこない。

実際には、とっくに亡くなっているんだけど、でも、その事を自分は知らない。知る由もない。

その場合、その人は本当に死んだと言えるのか?

IMG_2989.jpg

IMG_2988.jpg

ネガティブな意味ではなく、

単なる疑問として、いまだに人が死ぬってどういう事かわかりません。

結構いい大人なのに、わかりません。





とりあえず言える事は、その存在を、まだ忘れてはいないって事です。









いろいろと満喫しました。

先日ですね、

関東に行ってきたんですね。仕事でですけど。

IMG_2970.jpg

車いっぱいです。

こえー。都会こえー。

IMG_2973.jpg

たまたま見つけたんで食べてみました。

IMG_2975.jpg

こえー。都会こえー。人気店こえー。

地元は田舎で、なんにもないけど、メシはうまいす。おいでまっし金沢です。

すなわち、みなまで言うまいって事です。

ああ。

僕もとーきょーに出店したい・・。









さて。

梅雨なはずなんですが、こちら地方はあまり雨が降っておりません。

と言っても、今日(日曜)は雨でしたが。

晴れてるって事は、とてもいい事ではあるんですが、

本当は、この時期は雨のせいでバイクに乗れない予定だったんですね。

で、その間に集中して作業しようかと思ってました。

P1070998.jpg

思ってました。

P1070997.jpg

でもね、晴れてるしね。

走ります。

バイクはね、やっぱ、乗ってこそ楽しいもんだと思います。

P1080004.jpg

そんなわけで、

今回のツーリングは、いろいろな欲求を満たしまくってやろうと考えておりまして。

まず、そこそこの距離を走り、

P1080008.jpg

謎に七尾市です。

ぶっちゃけると、ここに来るつもりはなかったんですが・・。

P1080010.jpg

美味い物を食べ。

P1080029.jpg

写真撮ったり、

P1080035.jpg

写真撮ったり、

P1080051.jpg

写真撮ったり、

P1080056.jpg

写真撮ったり、

P1080095.jpg

隙あらば、写真撮ってみたりしつつ、

地図で見つけたからと、

思いつきだけで、滝を見に行って、

IMG_2992.jpg

軽く遭難しそうになったり。

IMG_2995.jpg

ドコまで山登ったら、滝あんだよと思い、引き返すと

IMG_2997.jpg

よく見たら、

IMG_2998.jpg

いつの間にやら、分かれ道で、割と本気な登山コースを歩いていたり。

自然満喫ですね。

いい思い出です。意外と筋肉痛じゃないし。大丈夫。

今回、

能登方面に向かったのは、素敵ポイントを探す為でも合ったわけでして。

IMG_2999.jpg

見つけちゃいました。

前々からその存在は知っている池だったけど、

謎に釣り人がいなかったんで、いないのかとおもっました。

うっじゃうじゃ。投げる度にバイトあり。

IMG_3001.jpg

春の小バス祭り開催。

IMG_3003.jpg

でもね、

IMG_3004.jpg

なんか、罪悪感がすんごいです。

悪い事している気分になります。

稚魚ですし。こないだ生まれたばっかりですし。

小鯵だとなんとも思わないのに、人間って不思議ですね。

まぁ、来年くらい楽しみではありますが。

IMG_3005.jpg

ちなみにこれが一番でかい奴。ちっさいけど。たぶん25cmくらい。

ちゃんと、狙い通りで釣ってるんで、

それはすなわち、なんとなく、勘を取り戻しつつあるって事です。

P1080123.jpg

最後に、

この日撮った中で、一番気に入った写真。




バイク乗って、美味いメシ食って、写真撮って、釣りして。

趣味満喫です。あと、キャンプも張ってたら完璧でしたね。

どうですか?いい休日でしょ?



製作関係の話で、ちょっと新たな動きも合ったりするんですが、

その話は、また次回にでも。

それではごきげんよう。




バルカンのワンオフガソリンタンク製作(5)

七夕だったそうですね。

先程気付いたんですが、七夕ってどうなんでしょうか。

小さい子供がいる家なら、竹にアレしたりコレしたりするんでしょうが、なかなか、独り者のオッサンにはご縁がないイベントではあります。

そんなわけで、今回の前文は、僕が聞いた「七夕の真実」とやらです。

夢をぶち壊す内容ですんで、夢見がちな君は、とばしてくださいませ。

本文は、バルカンネタですんで。そちらだけでもどうぞ。


さて。

七夕ですか。織姫と彦星が、年に一度だけ会える日としてお馴染みですね。

なんともロマンチツクな感じで、酒を呑む口実にはもってこいではありますね。

問題は、何で織姫カップルが年に一度しか会えないのか?そこです。

この理由を知らない人は多いんではなかろうかと。

何かしらの理由で川を挟んで離れ離れになり、何らかの理由で、年に一度は会える。

弊害があるほど燃え上がる二人。ああ不憫な二人。

でもなんだか素敵。なんだかとってもロマンチッカー。応援しちゃうんだからもう。

でも、なんで二人は離れ離れ?


ある所に、青年がいました。彼はいい奴です。とってもいい奴です。

真面目で、よく働き、触るもの皆傷つけたりしない、そんな、ごく普通のなんだかとってもいい人。

バリバリ働き、時には親孝行もし、そんな普通の、ちょっといい奴と言われるに申し分ない生活をすごしておりました。

ある日、

そんな平凡な生活に現れたのが、同世代の女子。

可愛いです。めっさ可愛いです。もちろん、青年は一気にイれあげます。

しかも、女子もまんざらでもない様子。よかったな青年。

若い二人ですから、そりゃあもう。ええ、ええ。そりゃあもうですよ。

若いって素晴らしいですね。誰しも一度は通る道ですね。

青年は、どんどん女子に夢中になります。

あっちでいちゃいちゃ、こっちでいちゃいちゃ。隙あらばいちゃついてやがる典型的なバカップル。

あんなに働き者だったのに、いつの間にやら、仕事をさぼってまでいちゃいちゃいちゃいちゃ。

「いやいやいやいや。ちょっとまたんかい。おまえ何しとんや」

そう言ったのがお父さん。

当然ですね。青年、ちょっとやりすぎです。パパぶちギレも必然。こわ。

パパは考えます。

あんなに真面目だった息子が、ダメになったのはいつからだろうかと。

「・・あの女が現れてからか。ゆるすまじ。小娘ゆるすまじ」

ぶちギレパパは、小娘を川の向こうに追いやってしまいます。

やや、やり過ぎな感はいなめませんが、気持ちはわからなくも無いです。

青年は、納得がいきません。そりゃそうだ。

「真面目に働いたら、年に1度だけ、女の元に連れてってやろう」

その後、青年は、とても真面目に働くようになりましたとさ。めでたしめでたし。

あ。

もちろん、青年はどのような気持ちで働くようになったのか?その辺はわかりません。

結局、ヤリたいだけじゃね?

そんな事は言っちゃいけない。言っちゃいけないんです。

主に、七夕は子供向けのイベントなのですから・・。


そんなわけで、いかがだったでしょうか。

多少、現代風にアレンジはされておりますが、概ね、こんな感じです。

こんな話を聞いた上で、

来年も、短冊にピュアな願い事を書いて欲しい。そう願います。












ここからはバイクブログらしくバイクのお話。

ここは釣りブログと違いますので、バイクの話です。ほんとです。



まず最初に、

こんなしょうもないブログですが、生意気ながらも、最近、ちょこちょことコメントを頂いておりまして。

最近、少しずつですがアクセスが伸びておりまして、その辺も関係しているのかなとは思うんですが、本当に有り難い限りですね。こりゃ、やる気もでるってもんです。

で、主にどんな方が見てくださっているのだろうかと考えました。

きっと、バイクが好きな人でしょうね。たぶん。

そして、なにかしらの、バイクを整備なりカスタムなりしようと考えている人、ないしは既にやっている人、それらに興味がある人。

そんな人が多いんではなかろうかと。

それを踏まえて、今まで書いていない気がするんで、根本的な事を書いておこうかと。


まず、

僕は、最近は一点物、ワンオフって呼ばれるようなものを作っておりますが、

元々は、流用で何とかできないかと考えておりました。

まぁ、その期間の方が圧倒的に長いですね。


例えば、バルカン。

このバイクは、割と社外パーツが出ているほうだと思います。それらを使えば、割と自分好みな形にはなるわけですね。

ベタなところだと、フラットフェンダーにスポーツスタータンクとかピーナッツタンクとか。

キットも沢山でていますし、それらを買えば工具さえあれば、なんとかなりますね。

工具なんて今時は安い工具店もありますし、ネット通販で、気軽に買えますし。

では、それらにかかる費用を考えてみましょう。

フラットフェンダーキットは1.5万から2.5万くらいでしょうか。

ポン付けタンクは2から3万位ですかね。

要は4から5万位かかるわけです。

それから工具がなければ、それらも購入。塗装は缶スプレーでやるとして、購入。

まぁ、5万も用意しとけば何とかなりそうですね。最近、その辺を調べてないんで言い切れませんが。


では、同じ5万円が予算として、もっと別の使い方は出来ないか?

フラットフェンダー。

これは、ハーレー用の汎用品を買えば5千円もあれば買えます。

スポーツスタータンク。

セールの時で1万円切るかな?それから、コックとキャップで1.5万もあれば買えます。

もちろん汎用なんで、ポンとはつきません。なにかしらの加工が必要になります。

例えば、穴を空けたり、ステーを付けたり、何かしらの手間はかかります。

それをするにはどうすればいいか?

ドリルやサンダー、それらの刃、ステーに使う鋼材や取り付けのボルトが必要ですが、

どれもホームセンターで買えます。


では、ここから具体的に書きましょう。

電動工具を買おうとしても、マキタや日立やボッシュを買う必要なんてないです。

海外製の得体の知れない特価品で充分です。安ければ安いほどいいです。

もちろん、大手メーカーの製品は良いですよ。ちょっとした事で使いやすいですし。

修理とか保障面では圧倒的に有利です。仕事で使いまくるんならそっちの方がいいでしょうね。

ただ、趣味で使うのに、それが値段ほどの違いがあるとは到底思えません。

1万2千円の日立のサンダーを買うなら、3千円の中国製の謎サンダーを2台買うほうをオススメします。

残ったお金で、刃を多めに買っても、お釣りが来るはずです。

ちなみに、刃なんて一番安いので充分です。対して変わりませんので。

ただ、切断用、研磨用、ペーパーの三種類は欲しいですかね。

この場合のペーパーは番手(目の細かさ)がありますので、できれば、研磨用の倍の番手にしたほうが、効率はいいです。

(例・研磨用#60、ペーパー#120とか)


ドリルも本体は安いのでいいです。13mm掴めるのがいいですが。

その代わり、値段が倍も違ってきますが、刃はメーカー品を買ったほうがいいです。物が全然違いますので。

そして、ドリルの刃は切れなくなったら自分で研げばいいんで。嫌な所から折れない限りは、基本的に使えます。

もちろん、頻繁に使わないサイズは安いのでいいですけどね。

このほかに、

諸々の必要な工具材料を買っても、キットを買うよりも安く済む上に、道具が手元に残ります。


ただ、問題は、時間がかかる事と、取り付けを考えなければいけない事ですね。

逆に言えば、その手間ひまを省く為のキットなんですが。


ただね、ごく個人的な意見なんですが、

キットのタンクってへんてこな位置についてるのが多いんですよね。

もちろんドコのとは言いませんけど。

たぶん、製品として大量生産する場合、絶対にどこかに干渉しない位置にすると、そうなるのかな?とか思ったりしますが。

個人的には、あんなにへんな隙間があくのはちょっとなぁとかおもったり・・。

まぁ、その辺は別にいいですか。



結局は、部品って、

付くか付かないか?ではなくて、付ける気があるのかどうか?って話だと思うんですよ。

「例えば○○に△△のフェンダーは付きますか?」

結局の所、幅さえ何とかなれば、要は隙間に収まりさえすれば基本的には付きます。

わかりやすく言えば、バルカンクラシックのリアフェンダーはドラスタに付きます。物理的に収まりますので。

ただ、ステーやら穴位置やらはやり直しが必要です。

もちろん、根本的に無理な場合も多々あります。

スティードに、ハーレー用汎用スポタンとか。フレーム形状と、ガスコック取り出し口の位置関係的に厳しそうですよね。


こんな感じで、無理な場合もありますけど、

それでもやっぱり、汎用品が安く売っているのに、オクで中古パーツが安く売ってんのに、それらを使わない手はないです。

もちろん、手は汚れます。鉄粉も浴びます。時間もかかります。工夫は当然必要です。場所も要りますね。

僕だって、今でこそ板金の真似事とかしちゃってますが、サンダーの存在すら知らない頃だってあったわけですから。

場所さえあれば、誰でも気持ち一つだと思うんですね。

自分でやるって事は、それだけで、愛着も出ますし、何より、人と違うものが出来ますし。

なにより、時間かけてカスタムしたのに、誰かと同じだったら嫌なんですよね。

だから、

こうやって作ってるんですよ僕は。




はい。

バルカン速報。

バルカン400クラシック (194)

前回はここまで出来ましたね。

続きです。

バルカン400クラシック (199)

事前に作っていた型があわなくなりました。

理由はちゃんとわかってます。

1.元々作ってた型よりやや大きめに作っている。
2.そもそも、アウトラインを作った時に(針金のね)考えていた方法でやっていない。

2は、なんで変更したかと言うと、きっとこっちの方が効率が悪く、難しいからです。

なんでそうしたか?

以前、書きましたんで、気になる方はこちら

バルカン400クラシック (200)

新型です。

バルカン400クラシック (201)

鉄板切ります。

3千円のジグソーで切ります。安いのに大活躍です。便利すぎです。

バルカン400クラシック (202)

叩きました。叩きまくりました。

バルカン400クラシック (203)

あわせて見ます。

もちろん一発であいません。職人じゃあるまいし、そんなの無理です。

削って、あわせて、叩いて、あわせて。ぼんやりして、あわせて。やっぱりあわなくて嫌になって。

バルカン400クラシック (204)

なんやかんやとこんな感じ。

ここでのポイントは、下手糞を晒している事への賞賛であって、鼻で笑う所ではないす。

勇気に乾杯。

バルカン400クラシック (206)

仮付け失敗しているのは気にしちゃいけません。なんとでもなります。

バルカン400クラシック (209)

片面はできました。

問題はココからです。

バルカン400クラシック (210)

勘を駆使します。

バルカン400クラシック (211)

端がぱっくりですね。謎です。同じ形の鉄板なのに謎です。嫌になります。

ようは、曲げが違うって事ですね。

バルカン400クラシック (213)

無視してつけました。

後で何とかなるんでしょうか。何とかなって欲しいものですね。ほんと。

バルカン400クラシック (215)

こうやって見るとそれっぽいですが、これが所謂、写真は実際とは異なりますです。

もちろん、この写真は捏造用に撮ったものですので。




そんなわけでイマイチ進んでおりませんが、続きます。

時間ないんすよねー。



バルカンのワンオフガソリンタンク製作(6)

ちょっと気付いちゃったんですが、アンパンマンっているでしょ。

みんな大好きアンパンマン。

幼児のアイドルアンパンマン。

飢えた獣達に、自らの肉体を捧げる事でお馴染みのアンパンマン。

誰しも、一度はお世話になっているはずですね。

さて、そのアンパンマン。

毎回毎回、自分の頭部を誰かにちぎって与える事で、パワーダウンして、

なんとかっていう、ベタな悪役に毎度毎度負けそうになるわけですが、

いよいよと言う所で、

颯爽と現れた、パン屋のおっさんからの差し入れの頭部を入れ替えて、復活して退治して、

何やら、めでたしめでたしなわけでして。

詳しくは知らないんだけど、とりあえず間違いなさそうなのは、いつも同じパン屋のおっさんから、資本提供されたパンだって事。

あ。資本提供とか言ってますけど、体は資本ってとこからきてますんで。

まぁとにかく。

無償だか有償だか知らないけど、同じ、おっさんからパンを提供してもらうのなら、

自分の頭とは別に、普通のサイズのパンを提供してもらえばいいんじゃなかろうか。そう思ったわけです。

映像を見る限り、一口食べた頭部は、廃棄されているわけでしょ?

その辺は、「この後、スタッフが美味しく頂きました」のテロップが表示されない所からして、

間違いないであろうところでして、

そりゃそうです。どこの獣がかじったかもわからんパンなんて、普通は嫌がるに決まってますから。

もっと言えば、あのサイズのパンって物凄い大きさですよね。

普通のパン何個分だって話ですよ。

で、それを一口かじっては廃棄、一口かじっては廃棄ってしているわけですよね。

どうだろうなぁ。いいのかなぁそれで。

そもそも、おっさんもおっさんです。

毎度お馴染みの光景なんだから、前もって対策は練るべきですよね。

リスクマネジメントに乏しすぎやしないかって話です。

以上を踏まえて、

総合して言える事は、こんなことを考えている僕は、かなりダメで悪い大人だって事です。

二日連続、子供の夢をぶち壊してごめんなさい。ほんとごめんなさい。













はい。

今回もオートバイのワンオフガソリンタンク製作のお話で御座います。

バルカン400クラシック (213)

前回はここまで出来ましたね。

左側(向かって右)がパックリ隙間開いちゃってますが、

この後、叩きまくったけど、結局、寄せきれずに、

バルカン400クラシック (217)

溶接で埋めました。こんなちっこい鉄板切るのめんどくさかったんで。

バルカン400クラシック (218)

この後、全部本付け。

バルカン400クラシック (219)

忘れてないか確認します。

バルカン400クラシック (220)

ココが怪しいですね。

そんな時は、

バルカン400クラシック (221)

裏から見ればわかります。

バルカン400クラシック (222)

怪しそうな所は両面から溶接。

そもそも、始めっから、表は点付けだけで、本溶接は裏からやればいいって事です。

バルカン400クラシック (225)

次は、大体の面を出します。

バルカン400クラシック (226)

角の所が継ぎ目です。

ここはあまり叩いてないんで、簡単ですね。

バルカン400クラシック (227)

問題は叩きまくった所。

バルカン400クラシック (228)

ぱっと見でわからなくても、まっすぐサンダー充てればわかります。

溶接棒の先端の所が低いのがわかるでしょ。

バルカン400クラシック (230)

ざっくりサンダーかけて、

バルカン400クラシック (231)

こんな感じ。

バルカン400クラシック (236)

叩くべき所は叩いて、その後、盛って、

バルカン400クラシック (234)

またサンダー。

バルカン400クラシック (237)

下手糞なんでなかなかきれいになりません。

何度か繰り返しました。

バルカン400クラシック (238)

とりあえずこんな感じで。

これ位なら、サフでごまかせるかな。ごまかせたらいいな。

ちなみにこの作業は、溶接してサンダーかけて、それでも溶けている所があったら、

次は冷めるまで待つのが基本です。

熱いうちにやっても、溶けやすいんでいつまでたっても終わりません。

バルカン400クラシック (240)

バルカン400クラシック (241)

バルカン400クラシック (242)

接写は無理です。耐えれませんので引きの画でご了承ください。

べっこべこですんで。

イングリッシュホイール使わずに綺麗に平面出すのってどうやるんだろう・・。

ご存知の方は教えてくださいませ。




そんなわけで、今日の所は、ここまで。

ちょっと思いついたんで、この後の作業は、今までとやり方をかえるかもしれません。

ダメで悪い大人なんで、予定通りにはそうそう動かないって事です。

それでは、ごきげんよう。







神戸にいるわけですが…。

昨晩でて、雨に心折られ、京都で一泊しました。

で、

今、三宮の駅のそばでランチ。



こう見えて、三杯目です。

豚足待ちです。

まだ、ニューオーダーチョパーショーに行ってないどころか、ポーアイにもはいってません。



豚足きました。

神戸最高です。

counter

calendar

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

profile

aika

Author:aika



石川県在住の36歳



雑に書いている為、メンテ記事等でわかりにくい所があれば最新日記にコメントするかメールフォームよりご連絡くださいませ。

もちろんフリーリンクで相互リンクも喜んで♪

contact

名前:
メール:
件名:
本文:

category

comment box

new

great!!!

archive

RSS

QR

QR

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。