aika-shokudo

Date : 2012年03月

カスタム検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとうございますありがとうございます。

先日、夕飯を食べようと、食堂に入ったんですね。

そしたら、BGM代わりのTVで、サッカーがやってたんですよ。

ワールドカップ予選だかなんだかで、ウズベキスタンだなんだとか。

僕といえば、標準的な日本人らしく、ワールドカップだかオリンピックだかでもない限り、サッカーに注目しないですし、

昨今、我が家にはTVがないんで、試合を見る事も全くと言っていいほどなくなったんですが。



食事の注文が終わった頃、TVではスタメンを紹介していたんです。

前述の通り、サッカーに関しては、かなりの無知な僕ですので、ほとんどが聞いた事もない選手ばかりだったんですが、問題は、FWの紹介ですね。

映像を見る限り、どう見ても、日本人じゃないんですよ。

明らかに西洋人。

え?なになに?ハーフの方?それとも、三都主(さんとす)とか、呂比須(ロペス)とか、母那張都(ぼなぱると)とか、人間魚雷(てりい・ごでい)とか、殺人医師(すていぶ・ういりあむす)とか、そんな感じの、強引な漢字表記の方?

そう、勝手に勘繰っていたわけですが。

img_365761_52458845_0.jpeg

「ハーフナー・マイク」


いやいやいやいや。

なになに?しばらくみないうちに、外国人枠が採用されたわけ?とか思ってたわけですが、

彼は、こう見えて日本人だったんですね(グーグル調べ)

全くもって、存じませんでしたが。


このように、

見た目や名前で、国籍が判断できない場合は、時折、訪れるのです。




以前、勤めていた会社が、土日祝日が忙しい会社でして。

人手が足りない時だけ呼ばれる、学生のバイトさんがいたんです。

普段は、そのバイトさん達だけで頭数は足りているんですが、節目節目でどうしても人が足りなくなるんですよ。

そうなると、「友達も連れておいで」ってなる訳ですが、それでも足りなければ派遣屋さんから呼ぶわけですね。


一番多い時で、1日50人近く呼ぶ日もあるんですが、いろいろ大変です。

とりあえず、名前を覚えるのが大変。

今日しかこないかもしれない人ですが、一応覚えなきゃなりません。「バイトさーん」って呼ぶと、全員振り返っちゃうんで。

これは、覚えやすいように、ネームプレートをつけてもらってました。

50人もいると、いろんな人が来ます。

普段は、お堅い仕事についている人や、おじさんっていうか、おじいちゃんじゃね?って人、どう見ても夜の仕事の人にしか見えない人などなど。

ほんと、様々な人種が集まるわけです。

こちらからすれば、マジメに働いてさえくれれば、どんな人間であっても構わないんで、別に関係ないんですけどね。


ある日のこと、

どう見ても日本人じゃない人が、二人混ざってたんです。

50820_4Harold.jpg

一人は、どこからどう見ても黒人。

images_20120304220116.jpeg

もう一人は、インドだか中東だか、正確にはよくわからないけど、そんなビジュアルの人。

様々な人種とは言いましたが、おじいちゃんや伝統工芸の職人が混ざる事はあれど、

さすがに、国籍は日本人で統一はされていたわけですよ。その前日までは。

*当たり前ですけど、写真はイメージですし、LOSTから引用した事に意味はありません。



一応、接客もある仕事だったんで、なんだかまずいような気はしましたが、特に気にも留めず、慌しく仕事の準備をしていたんです。

すると、「aikaさんaikaさん大変です!」と、後輩が走ってきたんです。

一瞬、何事かと思いましたが、ちらちらバイトさんの群れを見ていたんで、きっと外人さんが混ざっている事だろうと察しながらも、

一応、聞いてみたわけです。だからどうした?位の勢いで。

すると、

「違うんです。ほんと、違うんです!」と。

よくわかりませんね。そもそも、軽く頭がどうかしている奴ではありましたが、何が言いたいのか、ちっとも伝わりません。

ついに頭がアレしちゃったか・・やれやれだぜ。的なことを考えながらも、頼れる先輩らしく、再度、優しくたずねたわけです。だから、それがどうした?と。

「黒人じゃない方の側に行ってみてくださいよ!わかりますから」

よくわかりませんね。

アレな奴は、いちいち疲れるなぁとか思いながらも、あまりにも真剣な眼差しに負け、その黒人じゃない方の外人さんの側に行ってみたわけです。



驚きです。

名札に書かれた名前は、「ムハンマド」でもなく「アフマド」でも、「アブドーラ・ザ」でもなく

「斉藤」だったんです。

images_20120304220116.jpeg

「ワタシ、ノ、ナマエハー、サイトウデス」

*写真と「」内は、もちろんイメージです。



「違う」とは、こういう意味だったんですね。日本語もぺっらぺらだし。

斉藤さんなんで、当然ではありますが。

人は見た目で判断しちゃいけませんね。いろんな意味で。






そんなわけで、

バイクブログのクセに、バイクが全く出てこない内容の時に書くのもなんですが、

おかげさまで、100000アクセス突破で御座います(ありがとうございますありがとうございます)


これもひとえに、読者様各位のご支援ご厚情の賜物と深く感謝いたします。

今後とも、倍旧のご支援ご指導を賜りますよう、お願い申し上げます。






~予告~

次回は、もちろん、自作サンドブラストのお話。とりあえず、完成はしたんですが・・どうなんでしょうか。

火曜か水曜くらいに更新予定で御座います。


それでは、ごきげんよう。








サンドブラスト自作5(完成)

ちょっと前の話なんですが。

それは、常時そうであるというわけではなく、ほんと、時々の話なんですが、

膝の関節が、理由なく、無性に痛かった時期がありまして。

なんて言いますか。

こりゃ、まずいのではなかろうと、一抹の不安を覚えた時期があったんですね。

お相撲さんなどに代表される、非常に肉付きの良い方々は、かなりの確立で膝が悪いわけですが、

その理由としては、単純に、加重がかかりすぎて、膝にかかる負担が多いのであろうことは、容易に推測されるわけでありまして、

なんていいますか、

仮に、人類を、お相撲さんかそうでないかの2種類で別けるとするならば、

確実に前者に分類される僕でありますので、

ああ、これはついにきたかと。悪くなった膝軟骨は、回復するのかなーなんて事を、考えていたわけですし、

そもそもが、いい加減、痩せろよ俺みたいな、そんな時期があったんです。

でね、

数日前の話なんですが、健康診断なる物がありましてですね、当然ながら、各種検査ならびに、計測をいたしまして。僕は、一体いくつになったら、注射が怖くなくなるんだろうかとか、マスクをしていると、なんだか美人に見えるなーとか、いろいろ考えながらも身長を測った所、


伸びていたんですよ。2cmほど。32歳ですが、伸びていたんです身長。


中二で止まった身長が、今更伸びる。

身長が伸びれば、そりゃ、体重も増えるよねー。

とか、無駄に納得がいった今日この頃なわけですね。

ええ。

今日もごはんがおいしいです。








はい。

なんやかんやと、中2の時より50%近く増量されているaikaで御座いますが、

皆様いかがおすごしでしょうか。

すっかり春めいてまいりましたが、皆様の街ではいかがでしょうか。

雪は溶けましたか?こちらは市街地の雪は溶けました。もう、バイク乗れます。



今回は、サンドブラストのキャビネットの自作のお話。

前回で、ほぼ完成しておりますので、今回は細部なんですが、

いい加減、ぐっちゃぐちゃなガレージにうんざりしてきたので片付けます。

ガレージワーク (154)

ガレージワーク (155)

ガレージワーク (156)

粉塵が凄くて、くしゃみが止まりません。

ガレージワーク (164)

なんだか、久し振りにシャッター開けました。

ガレージワーク (169)

ちょっとずつ片付けましたが、

本来、棚として使っていた場所にサンドブラストを置きましたので、ちっとも収まりません。

この辺は、要検討。


さて、

ようやくサンドブラスト自作の件なんですが、あまり写真を撮っていませんので、わっかりにくいですけど。

ガレージワーク (178)

コンプレッサーから、

ガレージワーク (179)

ガレージワーク (180)

レギュレターを通り、

ガレージワーク (183)

これが、ON/OFFスイッチ。

足踏みが便利だって情報が(グーグル調べ)いまいちピンときませんでしたが、

いざやってみると、絶対、こっちの方がいいです。

ノズル付近にバルブをつけてって方法でもいいんだけど、当たり前ながらメディアが噛み込むでしょうし、

何より、手際が悪いです(試してないけど試すまでもないす)

仕組み的に考えても、コックなんてそのうちダメになるでしょうしね。

コックの個数を減らせるのもいいですので、良い事だらけ。

ガレージワーク (184)

フットスイッチを買おうと思ってましたけど、アストロのセールで安かったんで、エアダスターガンにしました。

空気バルブの開け閉めなんで、なんでもいいんですよ。

ガレージワーク (185)

スイッチは上に繋がってます。

仕組みの説明は、割愛で。

ガレージワーク (186)

メディアが散らばっているのは、ホースを閉め忘れて、爆発しましたって理由。これ要注意。

ガレージワーク (187)

キャビネットにつながり、

ガレージワーク (148)

こんな感じです。

写真はないですけど、エアダスターガンも装備されてます。これもあれば絶対便利。

ってか、ないとかなり不便。

ガレージワーク (175)

あとは、照明をつけて完成です。


試運転です。

ガレージワーク (177)

おおお!ぴっかぴかになりました。

コレはとっても便利ですね。やっぱり、作ってよかった。

メディアはガラスビーズです。何番だったか忘れたので、その辺はまた改めて書きますが、

意外や以外。すんなり出来ちゃったんで、今の所、致命的な問題は特になく・・・。

こんなに簡単に出来ちゃうと、逆に肩透かしな・・・。

前回、不安要素があるみたいな事を書きましたけど、書かなくてもいいかなーとか思ったりしましたけど、

せっかくなんで、一応、書きます。


○集塵機は必要か?

今のトコ、特に問題なし。しいて言えば、覗き窓がちょっと曇るんでラップでも張ろうかと。

もしかして、メディアによってはすんごい事になるのかも。

今の所、よくわからず。


○ブラストキャビネットにコーキングを打っても大丈夫か?

厳密に言えば、あまり良くないけど、アルミテープでも張れば大丈夫そう。

ちなみに、隙間からメディアがこぼれ出ちゃうんで、片っ端からコーキングを打って、埋めました。



さてさて。

普通に完成しちゃいましたね。

あとは、メディアをいろいろ試してみなきゃですが、その辺はまた後日に。

そもそも、循環式にした以外は、べたな直圧式サンドブラストなんで、かなりの情報が公開されてますんで

僕がわざわざ、書くまでもないかなーと。

仕組みや、作り方の詳細はググっていただくか、

紙ヒコーキ。」のサンドブラストをご覧下さいませ。

かなりわかりやすく書かれてます。

こうやって公開してくださる方がいるので、僕みたいなのが適当に作っても、出来ちゃうんですね。

この場を借りて、

随分前の話ですが、ようやくできました。Tochinさんには、いろいろ助言いただき、とても助かりました。
有り難う御座いました。





あとは、使用しながら気になった所を書くとして・・・次は何をしましょうか。

とりあえず、ガレージは片付けなくちゃですが、ブログネタにはならないでしょうし。

なにより、そろそろバイク乗りたいしなー。

それでは、ごきげんよう。








ひとりごと。

週末は、どうすごそうかと調べたら、


420320_10150642669357366_839147365_9032348_918381386_n.jpg

fm4649参照。


311.jpg

waxclothingブログ参照



いろいろありますね。

個人的には、シネモンドに行こうかと思ってたけど、やっぱ、歩く方向で。




知ってる?


あんな事になったのに、まだやめないんだって。


結局は、テスト的な事をしたフリして、誰かさんが大丈夫って言ったらOKみたいよ。


そんで、小銭が貰えるからって、アレを受け入れる方向なんだってさ。


早々に反対の意思を表明した代表が、全国にいっぱいいるのに、


どうやら、わが県の代表の大半は、クソばっかりみたいね。


まだ、お金が欲しいんだって。





パレードに出て、どうなるかって?





実際は、あんまり変わらんだろうね。


なんにも、変わらんと思うよ。


貴重な週末なんだから、


用事があれば、用事をこなせばいいし、


趣味に没頭するのもいいし、


だらだら過ごして、溜まった疲労を抜くのもいいし、


子供がいる人は、いつもどおり子供と遊びにでかければいいし。


どう考えても、そのほうがパレードなんかに出るより、よっぽど有意義な休日でしょ。ほんと。


パレードに何人集まろうと、きっと意味なんて無いし、


今まで通り、報道なんかされないだろうし、


やっぱり、その事に気付きもしない人だらけだろうし、


変わらず、疑問を持ちながらもぼんやりすごせばいいし。


「大丈夫って言ってんだから、大丈夫なんでしょ」って、思ってりゃいいんだよ。


「ほんとにヤバけりゃ、誰かが何とかしてくれんだろ」って思ってりゃいいんだよね。


きっと、それでいいんだよ。


根本的に、お手上げなんだから。




・・・まぁ、


それでも俺は、歩いてくるんだけどね。






~お知らせ~

次回は、日曜夜か月曜の早朝に更新しますが、お察しいただける通りの内容になります。

当ブログは、バイク関係の内容を目的に、ご覧下さっている方がほとんどかと思われますが、

一時期、連続して書いていた頃に、アクセスが1/3まで落ちた事に察すると、人によっては、あまりいい気がしない内容なのかもしれません。

ですので、趣にそぐわない方は、出来れば、一更新分、飛ばして読んでください。

その翌日に更新される分は、いつも通りの、ゆるゆるのバイクネタですので。

アクセスとか気にするんなら書くなよ!って話ですが、

「知りながらも、傍観していた人間の一人」として、これからは書いていこうと決めましたので。

阿呆な内容を書くのも本当の僕ですし、時事や情勢を書くのも本当の僕ですので。

ご理解ください。




それでは、ごきげんよう。







2012-03-11

あの時、僕は、

週末に私用があった為、休日を申請し、そそくさと仕事をこなし、帰路に付く途中でした。

少し早めに終わったので、髪でも切ろうかと予約の電話を入れ、自宅近所の床屋に着くと、

「さっき地震があったの気付きました?揺れが収まった途端に電話が鳴ったんで驚きましたよ」

そういわれたんです。

僕は、車で移動していた事もあり、全く気付きませんでしたが、

聞けば、長い時間揺れていたとの事で、TVで各地の震度でてるのでは?と、普段はCSが垂れ流されているチャンネルを、地上波に代えてみると、

そこに写しだされた映像は、はっきり言って、理解が出来ないものでした。

なんと言うか、実感がわかないというか、真実だと思えないと言うか・・。



帰宅後、僕は、普段はほとんど見ないTVに、釘付けになりました。

その時に、福島の原発が津波を直撃した事を知ったわけです。

真っ先に思ったのが、

「あのテストで認可された、あの形状の物が、アレだけの力を受けて、もつわけがない・・」



以前も書きましたが、

僕は、俗に言う「反原発家」の講義に、何度か参加した事があったからです。

「いかに危険か。実際にどのような被害が出るのか。そして、電力はとっくに余りまくっているんだから、本当はコストも高い原発なんて必要が無いものである。」

概ね、そのような内容でした。

その時に、話している事には理解も共感も出来たけど、原発なんていう、利権でぐちゃぐっちゃな代物がなくなるなんて、到底思えないし、

無駄な行為とまでは言わないまでも、主義主張が成就できるとは、にわかにも思えませんでした。

個人的には、一つの知識というか雑学として、受け止める程度でしたしね。

もちろん、この話を聞いた時には、数年後に生きてくる知識だなんて思いもしませんでした。

そして、なまじ知識があるせいで、TVの報道や政府の発表が、

いかに、見当違いかが即座にわかるなんて事になるわけです。


これも、以前書きましたが、

30km沖にいた、米軍の補給船が突如80kmまで下がったんです。

この事が、TVで伝えられた時、「日本は終わるんだな・・」そう感じたのです。

その後、爆発が報じられ、避難するようにと伝えられていました。

僕が見ていたTVでは、まず10km圏内は避難。その後、3kmだったり5kmだったりと、

ドコから沸いて出た数字かわからない、何を根拠にしているのかが、全くわからない数字が二転三転していました。

前述の講義で習ったのは、「最低でも30km以上は絶対退避。できれば80km以上離れた風下に」

そのように聞いていて、それが標準的な数字だと理解していたからです。

どうなっているのか?何を考えているのか?本当にそれで大丈夫なのか?

例え、30kmという数字に根拠なんて無いとしても、性質上、遠く離れるに越した事はないだろうと、

何故、少なく見積もっているのだろうかと、理解ができませんでした。

こんな知識、知らなかった方が良かったのかもしれない。そう思う時もありました。


その後の、まるで、茶番劇のような記者会見や報道。

知りたい事がちっとも出てこない。

聞くべきであろうことに触れもしない。

本来、出てきて説明すべき人間が、全く出てこない。

ひどいもんでした。


震災から1週間ほどした時、ようやく、ちゃんとしたジャーナリストが記者会見に参加できるようになり、随分良くなったものの、

仮に震災当日から、この人達ような妥当な質問が、記者会見場で行われていれば、いくらかは・・。

そう考えずにはいられませんでした。

そして、いかにTV報道や新聞報道がずさんか。

よくよく考えてみれば、日本の大手報道機関が自社のスポンサーを、叩けるわけが無いんですが。


*その当時の記者会見の映像は今でも見れるのかな?ニコ生やIWJで生中継されていましたけど。


そういう性質ですしね。ウイキリークスに、リークして貰えなかった国ですから。

余談ですけど、

9.11に本当は何があったか知ってますよね?未だにアメリカでテロがあったなんて言ってのは、世界中で日本人だけですから。

ヨーロッパなんて、その脅威の対策にわざわざ会議を開いたくらいですし。

ちなみに、その頃の日本の報道はタレントだかなんだかのなんちゃらかんちゃらを、一生懸命追いかけてましたけどね。

日本の大手報道機関は、ほんと、おめでたい限りです。




今日に至るまで、いろいろ考えさせられる事だらけですね。

現状では、震災当初に言われていた「○○センセイは、日本で壮大な人体実験を行おうとしているのではないか?」

そう言われていましたが、それが、現実の物になろうとしています。

この発言の真意はどうかと言うと、

このような原発事故は、世界で例が無いんですね。

こう言うと、チェルノブイリはどうした?そう思う人もいるでしょう。

あの事故の時は、爆発後、自力で気付いた人間以外のほとんどの人には知らされず、軍事力を駆使し即座に30km圏(80kmだっけ?)は強制退避したんです。

そして、即座に石棺。

食品もすべてに厳しい基準を設けております。

そもそもが、中身のほとんどが吹き飛んでしまっているんで、ちょっと違いますけどね。

それにもかかわらず、

映画になったり、ドキュメンタリーになったりと、その後の悲劇をご存知の方は多いでしょう。


比べて、福島はどうでしょうか?


ご存知の通り、即座に、退避はしていませんよね。

そして、食品の制限はどうでしょう?これも実質的に、全くしていないに等しいです。

何故なら、震災後、数値をどかっと上げましたよね。あれが完璧なほどに効いています。

米なんかに代表されるとおり、出荷規制を受けたのは、ごく一部地域のみ。

各地の線量を見る限り、そんなわけは無いんですが。

そして、測っているのもすべての食料ではないです。

海産物なんか特にザルですね。あんなに垂れ流して、かなり危険なはずですが。

有志が自主的に測定しましたが、数日も経たずに圧力をかけられて中止させられていましたが、その後どうなったんでしょうか。

今まで通りの基準値だと、関東から北の地域の食品のほとんどが食べれなくなったのではないか?

そのような疑問が生まれます。

おそらく現状は、IAEA基準(震災後に迅速に大幅に改定されましたが)でやっていると思いますが、

そもそも、IAEAの基準なんて信用していいのかな?って疑問があります。

日本の反原発家(僕の知る限りですが)の口からは、IAEAなんて、ほぼ聞かないんですよ。

なんでかって言うと、単純に基準が緩すぎて、相手にすらされてないだけなんですが。

よく聞くのは、ICRP。

ICRPでも危ないから、ECRRの基準が妥当ではないか?そのような見解だったんですね。

もちろんこれは、食品に限った話ではなく、根本的な基準としてですが。

とにかく、今は、限りなく無規制で国産食品を食べているわけですね。

そもそも、産地なんて合法でいくらでも代えれますし、海産物なんて、水揚げされた漁港が産地なんですが。

食肉なんて、一時期、牛肉だけちょろっと騒がれてましたけど、皆さん、鶏や豚は大丈夫だとでも思っているのでしょうかね。

不思議すぎて、聞く気にもなりませんが。

あとは、原子炉。

今でもだらだら垂れ流し中です。政府いわく、低い線量だそうですけど、一年前から、低い高いを自身で独断しているのに、信用できるでしょうか。

実質的に、向こう数年から数十年はお手上げでしょうね。実際、どうなってるかなんて世界中の誰も知らないんですから。

何を狂ったのか、終息宣言なんてものがでちゃったばっかりに、新聞なりTVなりしか見ていない人は

もう大丈夫とか思ってそうですけど、基本的に、一年前からあまりかわってません。

とりあえず、爆発はしなさそうですけど、所詮は憶測の範疇ですし。

誰かが見てきた訳でも、計器で測れているわけでもないですから。

希望的観測とは、まさしくこの事です。


このように、「御用学者でお馴染みの○下センセイは、日本で壮絶な人体実験を行おうとしているのではないか?」は、

仮に、今の緩すぎる基準で、何の影響もなかったとすれば、センセー方の学説は正しかったと言う事になります。

世界的快挙ですね。

結論が出るのは、10年単位でしょうけど。

では、御用共が言うようにならなかった場合、すなわちチェルノブイリの惨状と同等か、それ以上のことが起こった場合。

どうします?

御用学者め!悪い奴め!と、告訴でもしましょうか?

10年程、争ったらいいですよ。興味ないですけど。控訴に次ぐ控訴とかで、辛くも無期懲役あたりでも勝ち取ったらいいと思います。

その頃、奇形や大病を患った子供達が、どれ位いるのか知りませんし、あなたの周りに一人もいなければいいすねって感じですが・・。




そんなのおかしいですよね。

本当は、今からでも、対策はできるんです。

妥当なラインまで基準を上げて、危険な地域の住民は退避してもらって、それでかなりマシにはなるでしょう。

なんで、しないんでしょうかね。


何より、ずっと疑問な点があるんですけどね。

妊婦さんって、レントゲン検査、受けないんですよね?これ、一般常識として認知されてますよね。

難しい事はわかりませんが、理由は、何かしらの悪影響が出るからでしょ?

で、なんで平気な顔してられるのかなーと。安全な別物だとでも思ってんでしょうか。

あとね、

プルトニウムが漏れてないとか飛散してないとかって、ずっと嘘ついてたでしょ。

あまり飛ばないとか何とか言われて。

なんで、みんなそれを鵜呑みにできたのかな?と。

よく考えてみて。

はるかに大きくて重い砂が、大陸から、何100kmも越えて飛んでくるんですよ?、

もっと小さくて軽い物が、どんな理由で風に飛ばされないのか教えてもらいたいんもんでしたが。

本当は、プルトニウムが飛散してない根拠は、かなり追及されてましたけど、うやむやにされたんですがね。

もちろん、大手メディアが、その事を報じたかどうかなんて知りませんけど。



レベル何とかの事故だとかって、一時期よく言ってましたよね。

チェルノブイリとフクシマが、ケースが違うのでどちらが酷いかなんて比べようが無く、しいて言えば、どちらも凄惨ですし、

個人的に言えば、対策も計測もしていない分、日本のほうが酷い事になるんじゃないかな?と考えてます。

僕が聞いた段階で、そこまで正確な数字ではないとの事でしたが、

実際に、各地の線量を計測した結果、とチェルノブイリ以上の汚染であるとの結果も出たそうです。

話半分として聞いても、かなり酷い状態と言えるのではないでしょうか。

チェルノブイリでは、圏内で被爆したとされる人から生まれる新生児が健常な確立は、軽度・重度を含めてでしょうけど3~4割程度だそうです。

子供が、甲状腺がんになる確率は20倍~30倍に増えたそうです。

ちなみに、今の日本では、10人に1人が大なり小なり何かしらの問題を抱えて、生まれてくるそうです。

これからどうなるんでしょうかね。

不安は尽きません・・・。


そうなるのを、少しでも防ぐ為の食品からの内部被爆対策なんですが、どの程度の理解があるんでしょうか。

独り者の僕ですら、自炊するとき、食材の産地はちゃんと選んでます。

後で、よくわからない後悔はしたくないですから。

肉は可能な限り外国産を食べています。海産物は、地物以外は買いませんし、回遊魚は、ほぼ買っていません。




ここまでで書いた事は、今だから書けることではありません。

今まで、書こう書こうと思いながら書きませんでした。

具体的に、東北方面の方が見ているのを知っているから、躊躇していました。

そもそもが、お気らくバイクブログですからね。

ちなみに、危ないのは東北だけではありませんよ。

具体的には書きませんが、山で囲まれているその内部は・・・。根拠を元に、そう認識しております。



もちろん、地元をでれるものなら、でているでしょう。

それでも、故郷で暮らす理由があるから暮らしているんでしょう。

故郷で暮らすことに、理由なんて要らない。それもそうでしょう。

だからこそ、基準はきちんと設けるべきですし、

風評被害だ差別だなんだと、よくわからない正義ぶった話に振り回されないようにと、切に願います。

それとコレとは別の問題ですから。

支援だなんだと、買い上げられた牛乳は、加工~濃縮で、ドバッとセシウムが出ましたよね。

放置された家畜が別の土地に買われていった時は、良かったねーって言ってたくせに、追々、検出されたと大騒ぎしたでしょ。

どれもこれも、何言ってんだかって感じですし、それも前述したとおり、引き上げられた基準を更に超えたものです。

そんなものは、食品でもなんでもなく、ただの放射性廃棄物でしょ。


悲しい話ですが、自主避難しようとすると、まるで裏切り者のように扱われたり、罵られたりするなんて話も聞きます。

そんな事を、言い出す輩の大体が、TVや新聞のとんでもない話を鵜呑みにした年配の人だと聞きます。

そんな時は、はっきり言ってやればいいんです。

「お前らの食いつぶした20年と、私がこれから生きていく20年を同等と見なしてくれるな」と。


311さよなら原発パレード


僕は、反原発の人間です。

合点がいかない部分が多々あるので、知人はいれども、どこの団体にも政党にも属しておりません。

これからも、どこにも所属はしないでしょう。

それでも、原発は要らないと、胸を張って言おうと思いますし、

デモやパレードや理解できる団体の署名には、可能な限り参加していこうと思ってます。

一個人として。


311さよなら原発パレード (1)



よく考えてみて。

原発で甘い汁を吸った人間なんて、人口の何パーセントいると思う?

それ以外の人間が全員反対しても、それでも続けられると思う?

皆、あれが、爆発するとどうなるか知ってんでしょ?

騒ぐだけ騒いどいて、かたっ端から止めて、

それでも結局、電気はなくなりそうにすらならないって、よくわかったでしょ?


311さよなら原発パレード (2)


僕は、故郷がなくなるなんて御免です。

何の前触れも無く、突如として失うのを目の当たりにして、

それでも、指を咥えて黙って見ている理由なんてありませんので。










稚拙な文章を長々と書きましたが、何かしら感じ取れる部分が少しでもあれば幸いです。

ご意見等、御座いましたらコメント欄からでも、メールフォームからでもお待ちしております。






~次回~

サンドブラストネタです。遅筆故、書けませんでしたので、今週中のどこかで更新します。









持ち前の引きの強さを露呈する。

先日、お買い物しましてですね。

できるだけ、手にとって買い物したいタイプの僕ではありますが、めずらしくお取り寄せしたわけですね。

どことは言いませんが、お取り寄せ何某でお馴染みの、某社にてのお買い物なんですが。

特に、すぐいる物ではないですし、追々必要と言うか、あったら便利だっていう程度の代物ですし、

もっと言えば、ついでに買った物なんで、別に困りはしないんですよ。

写真の物と商品の形状がぜんぜん違ったって。

ちょっと、メールで問い合わせして、送り返して、新たに届くのを持つだけですから。

たった数日、待つだけですし、

何より、送料が無料になるんならついでに買っとくか程度の、所詮がすぐ必要な物ではないですし。

ほんと、別にいいんですけどね。

ただですね、なんといいますかですね。

これは、やる気を削ぐのに充分な出来事である事には違いないわけでしてですね。


天気いい→モチベーション上がる→ガレージに入る→そういえば荷物届いてるんだった→やや浮かれながらも確認→開梱してみる→ひと目見てわかる形の違い→ふざけんなばかやろうこのやろう→サービスセンターに電話するも繋がらない→仕方なくサイトを検索してメールにて問い合わせる→なかなか返信が来ない→完全にやる気無くす→よくわからんけどブログにその事を書いてみる→いまここ


商品だけではなく、やる気ダウン分も保障して欲しいですね。何天ポイントとかで。

そんなわけで、次回は週末あたりの更新を目論んでおります。

次こそきっと、バイク絡みのお話。


それではごきげんよう。






counter

calendar

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

profile

aika

Author:aika



石川県在住の36歳



雑に書いている為、メンテ記事等でわかりにくい所があれば最新日記にコメントするかメールフォームよりご連絡くださいませ。

もちろんフリーリンクで相互リンクも喜んで♪

contact

名前:
メール:
件名:
本文:

category

comment box

new

great!!!

archive

RSS

QR

QR

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。