aika-shokudo

Date : 2011年05月

カスタム検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールデンなウイークその1

おそらく社会にでて初めての経験なんですが、ちゃんと、ゴールデンなウイークでしてですね。

あっ

どうも僕です。好きなラリアットはウエスタンです。

え~・・・

ゴールデンとか言っちゃってますけど、

土日休みで月曜仕事で三連休なんで、割と暦通りなだけなんですがね。

それでも、こんなに休みな事は無くてですね、本来仕事だったはずの土曜を無理やり休みにして、

行ってまいりました!

ROAD PARTY2011!!!!!

去年は台風で延期になったそうで、今年が実質の1回目。

ライブもあるそうで、こりゃ楽しみだわいってわけでね。

しかも、木之元インターからちょっと行ったトコなんで、150kmくらいかな?

ぶらぶら走るのに丁度いい距離だし、こりゃ行かねば!ってわけでね。

今年初ミーティングっす。

そんなわけで画像どんっ!

焼き鳥

うん。

30日は居酒屋で呑んでたの。

焼き鳥美味しいねーつって。


~言い訳~

・朝起きたら、もんの凄い雨だったから。

・しかも、がしがし雷落ちてたから。

・イーストぱいせんに、僕は日和ましたか?と聞くと、それは大人の判断が出来るようになっただけだ!って言われたから(ツイッター参称)


それにしてもあれだね。

数年前までは、雨でも関係なく行ってたんだけどね。

しかも何の躊躇も無く。

なんなんでしょうかね。この何ともいえない気持ちは。

しかも14時過ぎには、何事もなかったかのように晴れてるし。

すでに行かない気でいたから、普通に遊んでたし。むりむり。行く気無し。


~教訓~

・いくら雨降ってもツーリング中にずっと降り続ける事はそうそう無い(今まで数回しかないし)

・ってか、ひよってんじゃねーよ俺。




そんなわけで、この悔しさをバネに(?)次の日ツーリングです。

さてさて、どこ行きましょうかね?ってわけで、

せっかくなんでずっと気になっていた場所に向かう事にしました。

そんなこんなで、

合流

合流1

合流 (1)

合流2

全員集合の巻。つっても3人ですが。



そんなわけでいきなりランチ。

昨夜のアレのせいですでに昼だから当然。

ヨーロッパ軒

福井と言えばヨーロッパ軒。

ヨーロッパ軒 (1)

ヨーロッパ軒と言えば「ソースカツ丼」

ヨーロッパ軒 (2)

ちなみにこれは大盛りだけど、普通盛りでも大体同じようなビジュアル。

ヨーロッパ軒 (3)

ごはんにたどり着けないので、蓋を有効利用するのが正しい作法。

おなかいっぱいになたので、動くの嫌になったり、

雨が辛いと言い出して、シールド買いに行ったりしながらも

福井県池田町

福井県の池田町に到着です。

目的は・・・

福井県池田町 (9)

吊橋!

福井県池田町 (5)

ね?つりばしでしょ?(ちなみに「かずら橋」です)

いいっしょ?かっこいいしょ?

福井県池田町

イースト氏にも某Bにも好評でした♪

今度は時間に余裕を持って来たいですね~。






にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村




大体この辺です。



自然豊かで良い所でしたよ♪



ゴールデンなウイークその2

そんなわけでゴールデンウイークネタ2回目です。

今回は5月3日から4日の早朝にかけてを、出来るだけ雑に綴ろうと思う。



この日は、人様の段取りでキャンプ。

俗に言うプライベートキャンプってやつだ。

プライベートってなんやねんって、初めて聞いた時は思ったんだけど、

ミーティングに行ってキャンプもする僕なので、

そう言われればプライベート(私的)なキャンプって言葉で適切なのかと

思ったり思わなかったり。まぁそんな事はどうでも良くて。

場所はココ。



富山県の氷見市にある、雨晴松太枝浜キャンプ場(あみゃばりゃしまちゅだえはみゃ)

もう何度も来たキャンプ場ですね。

段取りは富山と言えばTAーLOWパイセン。いつもお世話になっております(嘘)

今回は珍しくちゃんと段取りしていたのは感謝ですが。(驚きを隠せない)

ああ、人って大人になるのねっとか思ったり思わなかったり。


集合は昼過ぎなんでそれまではツーリングです。そんなの単車乗りなんで当然。

キャンプ

偉大なパイセン大集合の図。

毎回そうなんだけど地味にだいたい僕が一番年下。一番態度悪いのは僕ですが。

いつもお世話になっておりますの図でもある。

さてさて走るお。

呉羽山の梨園 (1)

いきなり到着。

だって、途中の写真撮って無いんだもの。



ちょっと自信ないけど、多分この辺。

呉羽山界隈。

ツイッターで呉羽山の梨園の花が見頃ですとの噂を聞きつけ行って来た訳。

呉羽山の梨園 (9)

そして、これが梨の花(たぶん)見た事無いんで憶測ですが。

なかなかこういうのもいいもんだな~とか言いながらも次の場所へ。

お昼時なので地獄(ある意味)ラーメンを食すのです。

さて、このラーメン。

以前、右の方(集合写真参照)と仕事中に行って、

昼からの業務への熱意を完全に削がれると言う大惨事を巻き起こしたラーメンでお馴染み。

キリン飯店

富山駅の近くにある「キリン飯店奥田店」です。



まずは画像から。

キリン飯店 (2)

携帯で撮ったらピンボケでした。

実際はもっと美味そうです。

ピンぼけてるせいでいまいち伝わりませんが、このラーメンの凄い所は

キリン飯店 (3)

このチャーシュー。

一枚80g(推測)はあるであろう極厚チャーシューが4枚も入っています。

ちなみに、普通のラーメンが¥550なのに対し、¥1050(だっけ)くらい。

まず、ある程度チャーシューを食べないと麺にたどりつけない。

結構チャーシュー食べたにも関わらず、丼の底からどんどんチャーシューが出てくる感じは

もしかして、底から生えてきてんじゃないか?と思える程。

富山ブラックが、くどすぎる味付けから「おかずラーメン」と言われるが、

このラーメンは確実に「おかず」です。

食べても食べてもチャシューがなくならない様がもはや地獄。

凄いボリュームなのにも拘らず、白いごはんが必要とされる所が地獄。

このラーメンを地獄ラーメンと称したのはそのような理由からです。

ちなみに、

味付けは、スタンダードな中華そば。富山ブラックに非ず。

チャーシューもかなり美味しいかと。

前回に行った時は歯ごたえ残る物だったのに対し、今回はとろっとろに煮込まれた物だったのが

やや気になる所ではあるけどね。

総評としてラーメン単体としてみれば、かなり美味しい部類に入る物です。

ただ、チャーシュー麺を頼むとやられる可能性ありです。

二人で行って、一人は普通のラーメン、一人はチャーシュー麺にすれば

ちょうど満足できるんじゃないかな?

個人的にとてもオススメです!





さて、

おなかいっぱいになりすぎて、おうち帰りたくなったりしながらも、

次はどうしようか?

なんとなくノリで海王丸を見に行く事に。だって通り道だもの。

海王丸パーク (2)

海王丸氏。

海王丸パーク (1)

フリマっぷり。

海王丸パーク (4)

家族連れまみれ。

そんなこんなで充分堪能。

さてさて、

タローミーティング

会場IN。

タローミーティング (5)

真ん中がTAーLOWパイセン。あざーす。

タローミーティング (2)

最近のトレンド、お好み焼き(タコ玉)

僕がアメサミでやったのを機に水面下で普及。優れたコストパフォーマンスが◎。

タローミーティング (10)

もちろん、肉も焼く。

今回は、前日に僕が飛騨にいたこともあり、A4ランクの飛騨牛を差し入れ。

せっかくなんで、上カルビと特上カルビの違いを探求。

やっぱり良い肉はうまいねって結果。写真は無いけど。

タローミーティング (14)

翌日、早めに起床して朝からガッツリ食って、諸事情により一人帰路に。

その話は次回にでも。




↓クリックを。
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



段取りに翻弄してくださったTAーLOW氏に感謝。

また遊びましょうっ。


ゴールデンなウイーク完結編。

今更ながらGWネタの続きです。

いい加減、書かないと忘れそうなのでそろそろ書こうと思いまして。

ってか、時間ねーだけなのですがね。そろそろノートパソコン買いそうです。

そんな訳で、今回はより雑に書こうと思う。



5/4AM

友人が来県するので、キャンプから慌てて帰った僕。慌てて用意して慌ててお迎えに向かう。

慌てたわりに10分遅刻。

原因は、アクセル全開を一気に帳消しにするタバコ休憩によるもの。

無性にコーヒーが飲みたくなったんだからしかたない。

やや浮き足立ちながらも観光案内。

まずは、とりあえずお茶でもしますか大作戦(ねーちゃん茶しばけへん的な事)

20110504東山 (18)

無論、東山茶屋街。

20110504東山 (3)

これが、しばかれた茶。

20110504東山 (4)

これも、しばかれた茶。

なぜ、東山茶屋街でしばいたのか?(注、茶を)

そんなの決まっておる。

20110504東山 (9)

ぶほーっとして。

20110504東山 (10)

くりんくりんして。

20110504東山 (12)

ころころして。

20110504東山 (15)

砂遊び。

トンボ玉

とんぼ玉つくったの。

ずっと前からつくりたかったの。(31歳・独身男性談)


さてさて、お次は・・・

金沢21世紀美術館。

21世紀美術館 (1)

21世紀美術館

空みてぼんやりしたり。

21世紀美術館 (8)

21世紀美術館 (6)

大量の時計見たり。

21世紀美術館 (12)

21世紀美術館 (10)

下に行きたいけど混んでたからやめたりしながらも満喫。

とても良い美術館です(31歳・男性・未婚談)


次はもちろん兼六園。

兼六園20110504 (7)

ことじったり。

兼六園20110504 (6)

名も無き花を激写したり。

兼六園 20110504 (10)

八重桜ったりしつつも満喫。

さすが兼六園だぜ!(アラサー談)


この後、近江町市場に行ったり、夜の街でアレしたりしながらも四日は終了。(写真はありません)




お次は

5/5 こどもの日です。子供のようにはしゃぎました。

ここからは雑さに磨きをかけていこうと思う。

白山比神社20110504 (3)

白山比神社。

白山比神社20110504 (9)

階段。

白山比神社20110504 (4)

でかすぎ!(杉だけに)


滝が見たいと言い出したので見に行く事に。

手取峡谷20110505 (26)

急な階段を下ると。

手取峡谷20110505 (1)

手取峡谷。

手取峡谷20110505 (12)

小規模なのから。

手取峡谷20110505 (21)

手取峡谷20110505 (20)

大規模の物まで。

マイナスイオンっていいよね(32歳・トラック運転手談)


この後、蕎麦をすすりつつも(写真なし)次は、動物を見る事に。

石川動物園20110505 (56)

石川動物園。

石川動物園20110505 (5)

ぬこさん。

石川動物園20110505 (11)

ぬこぬこ。

石川動物園20110505 (18)

ぬこっ。

石川動物園20110505 (27)

座る動物。

石川動物園20110505 (38)

キリンは泣かない。

石川動物園20110505 (49)

寄り添う二人。

動物って・・・とてもよいですねっ。(ナイトズーに行きたい件)


変に時間が余っちゃったんで、金沢のソウルフードを食す事に。

グリルオーツカ (1)

グリルオーツカ。

グリルオーツカ (2)

無論、エビハントン。

実は四日も行ったのだけど、激混みの為断念(関係者談)

腹も膨れ、眠い目をこすりながらもお土産を探す。

長町20110505 (3)

長町界隈。

長町20110505 (5)

無論、あめの俵屋。



そんなわけでいかがだったでしょうか?

石川県の良さは伝わりましたでしょうか。


クリックを!
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



何より、奇跡的に天候に恵まれたのが幸い。

長町20110505



雨の金沢も嫌いじゃないんですけどね。




バルカンさんのアイテムが届いた件について。

久し振りにアストロ(便利な工具屋)行きまして。

ちょっとほしい物があったからなんですがね。

いつもの事なのですが、欲しい物には目もくれずグルッと一周するわけですよ。

そしたら、良い物を発見しまして。

VN400cバルカン (2)

これこれ。

VN400cバルカン (3)

正式名称はわかんないですが、「引き出しの中をすっきりさせる仕切り的な物」が売られていましてですね。

本来はツールキャビネットなんかに使用すると便利な物なのでしょうが、

ご存知の通り・・・

VN400cバルカン (4)

片付けられない大人な僕ですので、

このようなアイテムを駆使する事によって、幾分かは整理整頓が出来るのではないか?

そう考えた訳ですよ。

でね、

適当に買ったにも拘らず、ちょっとの加工で(端を切りました)すっぽり収まりましてですね。

あらあら、僕の目分量もなかなかの物だなぁなんて思ったりしながらも、

作業効率の向上を目論みつつも、机の引き出しを整理整頓させたわけですよ。

その画像がこちら。

VN400cバルカン (5)

・・・うん。

あまり変わんなかったね。大体想像付いてたけどさ。








どうどう?

今回はバイクブログっぽいっしょ?

そんこんなでaikaでございます。好きなシティは、ブランキーです。

今回はバルカンをカスタムするお話です。



え~、

先日、ポチッと押しちゃいましてですね。

なんと言いますか、衝動と言いますかようやく決心がついたと言いますか。

それがこちら。

VN400cバルカン (6)

これこれ。

VN400cバルカン (7)

みんな大好き「ネオファクトリー」です。

VN400cバルカン (8)

開梱。

VN400cバルカン (9)

さしあたって、必要な物はこれで揃ったわけですね。

VN400cバルカン (10)

ちなみに今回は「ステッカー」付きで、なんだか得した気分。



次回はタンクのお話です(明日の朝一更新予定)




↓クリックお願いします
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



今回、無駄に小出しにしたのは、

某パイセンに「おめ、最近ブログ更新してねーじゃねーか」って言われたからって理由ではない。

断じて違うのであしからず。

バルカンに使う新品タンク(ネオファクトリー製)を使用する際の注意点とかを素人なりに書いてみた。

最初に言っておきますが、お察しの通り、前回の日記から連続で書いております。

ええ。予約投稿ってやつです。

無理やり更新回数増やしてるように見えるのは気のせいです。

別にパイセンに「もうブログやめたの?」とか言われたからではありませんので。

これは忘れがちな所ですが僕ってばブロガーですのでね。

「ブロガーの人ってさ、ブログ書く為にわざわざ出かけたりするよね?」

っとか、言われちゃう部類の人間ですので、その辺の所を、お忘れ無きように。





えっと、そんな事はどうでもよくてですね、

あっ、

ブランキージェットシティに多大な影響を受けている事でお馴染みのaikaでございます。

好きなアルバムは「SKUNK」です。

え~、

それにしてもアレですね。

カテゴリーを細かくわけちゃったばっかりに、考えて書かなきゃならんのが・・・。

今更、見やすいカテゴリー分けを撤廃してやろうかとか思ったりしたり。めんどくさいので。

まぁ、

最初はぐちゃぐちゃに書いてて自分で見つけられなくなって、困ったから分けたんですがね。



えっと、

今回はバルカンに装着するタンクのお話です(前回日記参照)

VN400cバルカン (13)

ネオファクトリーのスポーツスタータンク(ロートンネル)です。

本来は、ハーレー用の汎用品。



いやいや・・・人様のバイクは好き勝手やっといて自分は既製品すか???

って気持ちが、とてもありましてですね、なかなか踏ん切りがつかなくて・・・。

一応、自分の頭の中には欲しい形(作りたい形)のタンクがあって、

でも、それを作り始めるといつになるかわかんなくてですね、

いい加減、バルカンに乗りたくて乗りたくて仕方ないので

とりあえず形にしてしまって車検通してから、ぼちぼち作ろうと思ったわけなんですよ。

でね、

本当にやりたい形とは別に、もう一つ考えてた形がありまして、そっちを最初にやってしまおうかと考えたわけです。

で、

このタンクを選択したわけです。



さてさて、まずは下準備です。

新品買ったからといって、すぐ使えるわけではありません。

まずはりークテストです。

簡単に言えば、漏れが無いかの確認ですね。

VN400cバルカン (14)

ガソリンコック穴を塞ぎます。

VN400cバルカン (15)

コック付けて、

VN400cバルカン (16)

目クラ用に買った芋ネジも挿入。

VN400cバルカン (17)

何かしらの汁を投入後、ガソリンキャップしてあっちむけたりこっち向けたりして確認。

特に溶接部分は念入りに。

塗装終わってから、漏れが発覚すると泣いちゃいますからね。

ちなみに汁はガソリンでやろうかとも思ったけど、脱脂がてらプレソルベントでやりました。


(これはエアー+石鹸水でも出来る作業だけど、そんなに長いエアノズルを持っていないのと、ガソリンキャップからの漏れを確認しにくい為、液体でやりました)


溶接部分からの漏れは無し。

ガソリンの給油口からは少し滲みあり。

これは想定内ですので改善します。

VN400cバルカン (18)

ガソリンの給油口。

VN400cバルカン (19)

マジックで塗る。

VN400cバルカン (20)

こんな感じ。

ほんとは、朱肉なんかでやればわかりやすくて良いのですが、手元になかったので。

これは何の為かと言いますと、

VN400cバルカン (23)

オイル+オイルストーン。

VN400cバルカン (26)

しこしこ削る。


結局の所、漏れる理由は、ガソリンキャップと給油口の当たり面がぴったりと密着してないからで、

見てもわからないけど、こっそりとギザギザになってるんですね。

隙間があれば漏れるのは当然って訳です。

そのギザギザを削っては確認と、何度か繰り返しているウチにそのうち止まります。

削り方が悪いと尚更どばどば漏れますので注意です(実践済み)

もちろん、オイルストーンはでかい方がやりやすいです。

VN400cバルカン (25)

はい。とまりました。


次は内部のコーティングです。

VN400cバルカン (27)

前回の日記で書いた、アストロプロダクツに行った件の本当の理由はコレの購入。

VN400cバルカン (28)

分離しているのでよく混ぜます。

VN400cバルカン (30)

そして、投入。全部入れてみる。

あっち向けたりこっち向けたりして、隅々まで行き渡ったのを確認してから、

VN400cバルカン (32)

抜き取る。

しばらく傾けといて、角に溜まった分も、

VN400cバルカン (33)

抜き取る。

たまたま手元にあったポンプを活用(この後、洗浄忘れで再利用不可に・・・)

それでも完璧には抜けきらなかったので

VN400cバルカン (38)

立てて乾燥待ち。これはコック穴の所に溜まっちゃうのを防ぐ為です。

ちなみに、

VN400cバルカン (35)

これが余り分。

ちょっとしか減ってないですね。スポタンならあと2,3回は使えそう。

一回のコーティングが¥1000程度と考えれば、決して高くはないなぁとか思ったり(1缶¥3000程なので)

VN400cバルカン (39)

最後に、タンク表面にオイルを薄く塗って本日の作業完了(放置中に錆びるのを防ぐ為)





さて、

最後に正直な感想。

ネオファクトリーのタンクの状態の良さに驚きです。

とりあえず、さらっと触ってみた感じ、ほとんどパテ打たなくても良いんじゃないかな?

仕事でやってる人じゃなきゃ、このまま塗っても気にならない人は多いかも。

溶接もきれいだしね。ソコに関しては取り付けステーの所を少し触らなきゃいけない程度かな。

製品の当たり外れってのがあるのかどうかは知らないけれど、

とりあえず、僕の買ったタンクは当たりでした。


↓役に立ったらクリックを
にほんブログ村 バイクブログへ
クリックお願いします


ちなみに、どことは言わないけれど、

先日、ドラスタに汎用品をポン付けできるようトンネル加工されたタンクを目にする機会がありまして。

そのショップのオリジナル製品を見るのは2度目だったんだけど、

ああ・・・やっぱこの店は溶接が・・・ゴニョゴニョ

これじゃどこまでパテ打てばいいかわからん上に、角までごっそり溶かしてるから・・・ゴニョゴニョ

しかも、歪みもひどいし溶接しなおさなきゃ綺麗にならな・・・ゴニョゴニョ

う~ん・・・。安いんだけどな~。



えっと・・・

ご利用は計画的に!



counter

calendar

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

profile

aika

Author:aika



石川県在住の36歳



雑に書いている為、メンテ記事等でわかりにくい所があれば最新日記にコメントするかメールフォームよりご連絡くださいませ。

もちろんフリーリンクで相互リンクも喜んで♪

contact

名前:
メール:
件名:
本文:

category

comment box

new

great!!!

archive

RSS

QR

QR

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。