aika-shokudo

Date : 2011年03月

カスタム検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かわじゃんちゃん。

インターネットって便利っすね。

ぽちぽちっとクリックするだけで欲しい物が届いちゃうんだから。

そんなわけで、今月は悲惨な給料だったにもかかわらず

いろいろぽちっとしまして。

その一つがこれ。

革ジャン

即日発送翌日到着。

革ジャン (1)

新しいダブルの革ジャン買ったのだよ。

結構前にどこぞの広告で見かけたのをブックマークしてたんだけど、

思いつきでクリック。

ちなみに

デブこじらせて、今のが入んなくなったとかそういうわけではない。

革ジャン (1)

¥15800と送料ってわけで、とてもお安いんだよね。

レビュー見る限りはだいじょぶそうだけど、そんなのあてにならないし。

ほんとは、この手の物は手にとって買いたいんだけど。

返品もできるしサイズ交換もできるしで、だめならだめでいいかなってわけで。

革ジャン (2)

革ジャン (3)

革自体は特別いいものだとは思わないけど、特に悪い物だとも思わない感じ。

やっぱり、有名メーカーの物と比べると・・・ってのはありますね。

裁縫はしっかりしているっぽい。

トータルで見て良い品物だとの印象かな。

まぁ、この手のものに全然詳しく無いんですけどね。

どこぞのメーカーじゃなきゃ嫌だって人でなければ、これで充分なんじゃないかな。

なんだかあったかそうだし。

ってなわけで、リンクだ。


リューグーレザース


そのうち着ている写真でもUPしますねってわけで。



クリックしてくださいませ
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



次回はほかに買った物のお話ってゆーか活動再開のお話(たぶん)




呪われてる僕ですけど、こんな時だからこそちょっと役立つ話でも書こうかと思いまして。

最近、呪われてまして。

急に何言い出すんだって感じでしょうが、これはほんとの話。

僕には時々訪れるのですよ。

ふとしたアンラッキーをきっかけに、うそだろ!?って位「ついてない事」が連発して起こる時期。

久し振りなので多少の動揺はあるものの、

たま~にあることなんで

たいして気にもしてなかったのですが、今回のはちょっとひどくてですね。



ちなみに

日記では書いて無い気がしますが、僕はトラックの運転手なんですよ。

もんのすごい車の運転が嫌いなくせにね。

まぁ、その辺の話はおいといて、ここからは仕事中の出来事の話。





まず最初のは、雪が積もる山間部で

曲がる所を間違えてUターンできずにいた所に、すれ違い車両をかわしてそのままスタック。

雪の積もり始めと言う事もあり、脱出アイテム未装備で脱出できず。

あげくレッカー騒動。その時、車は壁と接触して破損。



その数日後、

まさかのスリップで・・・。次は致命傷で板金工場へGO!(ちなみに僕の体は大丈夫)



で、

修理から明けたその日に細い路地裏ですれ違いの時に。

これはかなり予想外で

道に30cm角くらいの雪の塊が落ちてまして、たいして気にも留めず進んだ所、バンパーばきばきばき。

まじかーーーーーーーーーーーーって。゚(PД`q。)゚。



それから数日後、

今度は、道路ではなく敷地内でのもらい事故。

これは相手の不注意。マスクしてふらふらしてたから体調でも悪かったのでは?って感じ。

けが人は無し。




これが年明けからの僕の出来事。どれもこれも怪我人がでなかったのがついていたと思う。




そして、

ここからはこの半月位の出来事。




3,4台先前の車がいきなり回りながら反対車線に飛び出す。

直線で勝手に路肩に乗り上げて電柱直撃。多分、余所見じゃないかな?

そのまま勢い余って反対車線に飛び出したんだけど、たまたま対向車は無し。

車のダメージの割に、運転手も怪我してないようで、昼間の峠道って事もあり、あまり速度も出ていなく

追突などで巻き込まれる人がいなかったのが良かった。



次は一昨日。

1台前の車が直線で突然、縁石に乗り上げる。操作ミスか不注意でしょう。

運転手は無事のようだったけど、バンパーべっこりで路肩に立ってたポールもぽっきり。

営業車だったんで、その後の始末が大変だったでしょうね。

人事じゃないですね。気持ちはよくわかります。



そして、昨日。



前述のもらい事故の修理の為に仕事が午前中で終わり、

朝、ぱらついてた雪が嘘のように快晴。

単車乗りならもちろん「ふらっとでますかね♪」です。

今日はどこいこうか?それとも明日に備えてキャブでもやりますかね?とりあえず、まずはメシだな。

そんな事を考えながらぼんやりと帰ってたんですよ。いつもの帰り道を。

交差点で赤信号に引っかかり停車。

青に変わり、ゆっくり前に進むと挙動不審な男が一人。

きょろきょろしながら、どうにも落ち着かない様子。

不自然な位置にトラックが止まっている。

彼はそのトラックの運転手のようだ。

「何してんだろ???」

近づくにつれ、様子が見えてくる。

「事故か?」

その前を通過しながら、横目で見てみる。

少し荷物が散らばっているようだ。

大きい荷物もある。

え?

荷物か???

荷物じゃない・・・あれは人だ・・・。



このような書き方をすると、見るも無残な姿を想像するかもしれないが、

頭部から大量に血は流れてはいたものの、そうではない。

何と言ったらいいのか、

僕はその人を「人間」とは認識できなかったのだ。

あんなに「力の抜けた人」を見たのは初めてで

不適切な表現だが「何かしらの物質」としてしか認識できなかったのだ。

寝ている時のリラックスした状態とも、失神している状態とも違う。

人間があのように力なく横たわっているのを初めて見た。


僕は昨日の夕方のニュースで、その人が亡くなったと知る。

きっと、彼はあの時すでに亡くなっていたのだろう。

僕は生まれて初めて、葬式以外で死んでいる人を見たのだ。




さてこの交通事故、過失はどこか?

同業の人間として

大体、どのような状況で起こった事故なのかは想像できるが、

所詮は想像の範囲でしか過ぎないし、

人の不幸を、勝手な想像でとやかく言うつもりはない。






前置きが随分長いがここからが本題。

あえて、この話題を書こうと思ったのは

「トラックの死角、特にバイクは見えにくい」って話を書こうと思ったからだ。

このブログは、主に検索エンジンから訪れる方が多く、

そうじゃなくても、ほとんどがバイクの話題で構成されている為に

見ている人のほとんどは「バイクに乗る人」だと思う。

わざわざ見てくれているあなたが

ベテランライダーなのか、それとも免許取り立てなのかはわからない。

だが、トラックから見たライダーはどのように見えるのか?

特にベテランライダーは、理屈や経験から想像できるだろう事だと思うが

確認がてら、見ていただきたい。


2t.jpg

絵が下手なのでわかりづらいかもしれないが、

状況は、

片側二車線の道路。

左の赤丸がバイク。

右の四画がトラックで、白四画が運転席(キャビン)黒四画が荷台。赤い線がミラーだとおもってください。


まず、2トン車から。

2トン車っていってもわからない人がいるだろうから、説明すると

コンビニの配送なんかで使っているサイズが、大体2トン車です。


2t-1.jpg

黒い線と黄色の三角で構成ているのがされているのが、トラックから見た視界。

サイドミラーとガラス越しでね。

黒い線から外は見えていません。黄色の辺はその先は広がって見えていると考えてください。

やや大袈裟に書いてはいるけど、ほぼこの程度しか見えていません。



*今回は、右から見た視界は割愛します。やはり、左側の方が死角が多く、事故も多く実際に「ひやっとする場面」は左側が多いので。




2t-2.jpg

これにバイクを置いてみる。

この位の位置でバイク全体が見えるかどうかって所。




2t-3.jpg

では、ここだとどうか?

はっきり言って、まったく見えていません。

実際は、この位置にいるときに長い時間まったく同じ速度で並走される事がほぼ無いので、

どこかで確認はできますし、よっぽどの事が無い限りは

完全に見落とすことはあまり無いでしょう。



次に実際によくあるパターン。

2t-4_20110306141133.jpg

このケースはほとんどの人が経験しているだろう。

信号待ちや渋滞時に、左側からすり抜けする時のパターンですね。

バイクの多い都市部だとよくあります。

はっきりいって、ここにいられるとほとんど見えていません。

バイクの一部がチラッと見える程度で、

まったく悪気なくライダーを見落とす可能性が高くなります。



2t-5.jpg

そして、このような巻き込み事故に繋がります。

この場合、見落としたドライバーは巻き込む寸前でライダーを確認する事になります。




実際、2トン車は死角が少なく、ほぼ見落とされる事は無いでしょう。

スピードもでないしね。



次に、4トン車。

4t.jpg

えっと、これはなんといっていいのか、

2トンよりも大きくて、馬鹿でかいトラックよりも小さいトラックですね。

こんなんで伝わるかな?




4t-2.jpg

図を見ると、死角が多くなったのがわかるでしょう。

ここまで死角が多いと、

バイクはおろか、車も見落とします。

実際によくある話なのですが、この死角にきれいに収まって並走する車が意外と多い。

車線変更しようと左に寄せた途端、こちらからすれば急に車が現れるってわけです。



4t-3.jpg

次に巻き込みの話。

はっきりいってここの位置から・・・


4t-3-2.jpg

この辺にいられるとまったく見えていません。お願いですからやめてくださいって感じです。

多少、サイドミラーの位置をどの辺にしているかってのにもよりますが、

まぁまず、見えていないと思ってください。

では、

これの巻き込みはどうだろうか?

書くまでも無いですね。

そして大型トラックやトレーラー。

実際に僕が乗っているわけではないので的確ではなく、書きませんが

もっと死角が多いのは明白ですね。

サイドミラーが中型よりも多いんで、見た目よりも少なそうですが。




そんなわけでどうでしょうか?

トラックがどれくらい見えていないのか、少しでも伝わったでしょうか?



実際に、道路を走っていると

トラックに幅寄せされた経験は皆さん一度はあると思います。

現に僕もあります。

はっきり言って腹立たしく、そして怖い思いをしました。

一部、悪意ある幅寄せをするトラック運転手がいないとは言いませんし

実際にいます。

でも、ほとんどの運転手は悪気なく悪意なくです。

よく考えてみればわかると思う。

運転手はトラックに乗る事で金を稼いでいるわけで、

事故なんか、ましてや人身事故なんて起こしたらどのような事になるのか。

想像できる通りです。

わかりやすく、明日からの食い扶持もままならなくなってしまうのだから、事故なんて起こしたくない。

ほとんどのドライバーはそう考えて働いているでしょう。

でも、事故は起きてしまう。



僕は経験上、車の死角に入る所や見落とされがちな所は

よっぽどの事が無い限りは走らない。わかっているから。

そして、

僕の周りの新人ライダーやその事がわかっていない人、ないしは甘く見ている人と走る機会があれば

極力、伝えるようにしている。

知らないから伝えている。危ないから伝えているって事の根底には

事故をおこした双方が最大限に不幸だからってのがある。

きっと、車との事故に巻き込まれれば怪我をするのはライダーだろう。

重い障害や命を落としかねないのもライダーだ。

だが、

その相手が職業ドライバーなら

自分が怪我すると同等とまでは言わないが、

相当のペナルティーをドライバーと勤めている会社は支払わなければならない。

保険から現金を支払いそれで完済とはいかないのだ。

その辺の所は、仕事でやっているとの事を考えてもらえば容易に想像できるだろう。

相手も決して無傷ではないのだ。

もちろん、大前提としてトラック運転手が必要以上に気をつけていれば事故は減るかもしれない。

いや、減るだろう。

でも、実際はそうではない。もちろん一般ドライバーの数倍は気をつけているだろうが

そこまで気持ちを張り詰めたまま仕事はしていない。

それが理由とは言わないが、

どんなに気をつけていても絶対に事故は無くならない現実がある。

では、どうしようか?



バイクはたまらなく楽しい。

個人的には、そんなに急いでどこに行く?って位飛ばすのも好きだし、

景色を見ながら、法定速度以下でのんびり走るのも好きだ。

特にアメリカンに乗っている人はのんびり走るのが好きな人は多いだろう。

でも、のんびり走っていようが「事故る時は事故る」

自分の身を守るには、事故の確率を少しでも減らすには、

まずは車の死角には入らない。当然のことです。

車とバイクを両方とも乗る人なら、特にわかっているだろうが、

わかっているつもりでも、無意識でやっている事があるのではないか?

結局、痛い目にあうのは自分で、無駄に車に突っ込まれるのもライダーで

そう考えると、自分の身を守れるのは自分で

自分が気をつける事、意識する事で回避できる事故があると思う。

確認もせずに急に飛び出してくるババアドライバー。

その運転手がこちらを確認していない事が見えていれば、回避できるかもしれない。

突っ込まれずに済むかもしれない。

何より、突っ込まれてからでは遅いのだ。

あんなに楽しかったバイクが、ある日突然楽しくなくなるなんて悲しすぎる。





今回は長々と書きましたが、思い当た節がある人は一度見つめなおして欲しい。











クリックおねがいしまうす
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村





もうすぐ春です。皆様、ご安全に。





お届けものですよっ。

前前回くらいに書きましたが、

金もないくせに、いろいろぽちぽちっと買っちゃった件。

何を買ったのかは書かなかったのだけど

実際はあの日記を書いた時にはすでに届いていまして。

今回は、今更ながらその事を書いて見ようと思うのです。

まぁ…アレですね。

なんとなく想像できるかと思いますが、

ブログネタに困った時にでも、もぞもぞ出そうと考えてたわけです。

そんなわけで

ほんとは自分的にはちっともタイムリーなネタではないのだけど、

さぞ、今日届きました的に書いてみようと思った次第です。











前前回の日記に書いた、革製ジャンパーを購入した件。

その日に、

悲惨サラリーの分際で、調子こいてさらにクリックしちゃった物がようやく届きました。

サンドブラスト
魔法の白い粉げっとです。

末端価格で400円です。とてもお買い得ですね。

さて、

これは何かと言いますと、

『空が飛べる(ような気がする)粉』でも『寝なくても大丈夫な体(になった気がする)粉』でも、

優しく力強く撫で回し、寝かしたり発酵させたりして、モチモチつるつるしたりする粉でもない。

では、何か?



サンドブラスト (1)

このコの先からぷしゅしゅっとだして、使用する事でお馴染みのアノ魔法の粉です。







そんなわけで、ようやく部品も揃ったので

サンドブラスター製作編再開です。





クリックしてくださいませ
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



基本的に平日の昼間のちょろっとあいた時間に少しずつやります。




地震・・・。追記あり

最近、ちょこちょこコメントくれるマクレーンさん、とらさん・・・

大丈夫なんかな・・・

顔も知らないし、あった事も無い方達ですがとても心配です。

無事であって欲しい・・・。





地震は悲しすぎるね。






追記 2011.03.12.1230

お二人ともご無事のようです。
ほんとよかった・・・。

とらさん(山形)は復旧の見込みがつかない停電と物流が滞っているため、辛い日々が続くようです。
チープな言葉になるが、
なんとかがんばって欲しい!


とらさんが災害時のことについて書かれていたのでリンク


そんななか










噂の話。

今日、やっと連絡が取れた人がいる。

それは某SNSで知り合った人で、はっきり言って顔も知らないし、本名すら知らない。

それでも、生きててくれてよかった・・・。ほんとよかった・・・。



メールでやりとりしたんだけど

現地では、何の根拠も無い噂がいろいろ飛び交っているようで、

とてつもない恐怖感に襲われているようだった。

僕には、励ます事しか出来なかった。

・・・無力だよな。




こちらでも、いろいろな噂があるようで

電力が足りなくなるとか何とかっていうチェーンメールがきまして。

一言で言えば、電気がなくなるから節電しろって内容なんだけどね。

以前、電力供給とか発電とかの

決しておおっぴらに電力会社が言いたがらない類の話を大量に聞いたことがある関係もあり、

僕には意味の無い内容のメールだってのがすぐにわかった。

その事自体の、意味の有る無しの根拠や理由なんてのは

結局の所、誰を信じるかって話になるから書かないけど、

実際に、根拠の無い情報を素直に信じれる人が節電する事自体は大いに結構だし、

それは個人の自由だから好きにすればいいと思うんだけどさ、

どっちかって言うと、

そうやって、電話が繋がりにくいのに無駄に回線を使う事がどうかと思うし、

むやみやたらと、人々の不安感をあおるような行為、しかも善意を利用しているってのが

たまらなく不愉快だった。


まだまだ、このような真偽のわからない噂ははいろいろでるだろうが

これを読んだ人は何とか冷静にしっかり考えて対応して欲しいです。








僕の回りには、親戚が向こうにいるって人が何人かいて、やっぱり連絡とれずにいて・・・。

無事でいてくれればいいんだけどな。

願う事しか出来ないが、一日も早い復興と大勢の人の安全を心から願います。






counter

calendar

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

profile

aika

Author:aika



石川県在住の36歳



雑に書いている為、メンテ記事等でわかりにくい所があれば最新日記にコメントするかメールフォームよりご連絡くださいませ。

もちろんフリーリンクで相互リンクも喜んで♪

contact

名前:
メール:
件名:
本文:

category

comment box

new

great!!!

archive

RSS

QR

QR

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。