aika-shokudo

Category : ワンオフガソリンタンク製作

カスタム検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルカンのワンオフガソリンタンク製作(17)

また中国の話が前文です。


滞在中は、ゲスいお前の事だから、

エロいとこばっかり行ってたんだろって思ってるかもしれませんけど、

普通のBARにも行ったんですね。所謂、プールバーってやつ。

ビリヤードしてないけど。

その日は、翌日の飛行機の関係で、空港がある街に前のりしていたんですね。

で、ホテルの界隈をふらついていたわけ。

で、適当に見つけたBARで一杯ひっかける。そんな成り行き。

ちなみに、今はむこうも夏な訳で、

店の外にもテーブルがあって、そこで白人系グループが、がやがやと呑んでいたわけだけど、

どうにも違和感があったんですね。

どうみてもホステスにしか見えないのが数名混ざっているわけです。

お勤めの帰りに、タフガイに捕獲されたのかとも思ったんだけど、

それがどうやら接客しているっぽい訳で。

なんだろうかこれはと。

めっさ普通のバーなのに、ホステスさんがいるのかと。こりゃ斬新だなと。

国が違えば商売の仕方も違うなと。そう思って聞いてみたわけですね。

バーにホステスがいるのは普通なのかい?と。


「ああ。あれは従業員じゃないと思うよ」

じゃ何?

「ああやって、接客して呑ませたり呑んだりして、売り上げから何割か貰えるんだよ」

フリーのホステス?これはメジャーなシステムなの?

「そんな感じかな。よくいるよ」

なんだか、いまいち儲からなさそうな・・。

「そうとうがんばらないと稼げないね」


この話もそうだけど、

仕事の形態と賃金発生の仕組みが、日本では少数派のやり方が多いみたいですね。

現地社長から聞いている分には理にかなった仕組みだなーとは思ったけど、

それが、標準的なやり方なのかがいまいちわからんのですよね。

ほんとに大多数がそうなら、個人的にはいいと思いますけど。

どうなんでしょうかね。

その辺の事は、ちゃんとわかれば、またその時にでも。












どうも。

どぅるぉってなってるaikaでございますが、みなさまいかがおすごしでしょうか。

ガレージ内温度は32℃でした。

もちろん無風です。

ほんと、なんなんだろうな夏・・。


本日は、そんな夏っぽさ満点のなか、

好き好んで人口的な熱光線と、焼けた鉄粉を浴びましたのでご報告を。

ガソリンタンク製作の続きです。もうひといきで完成ですね。

ガソリンタンク製作 (487)

まずはガソリンコックをつけます。

ガソリンタンク製作 (488)

変なサイズです。

ガソリンタンク製作 (490)

このへんかなと。

ガソリンタンク製作 (489)

卦がきます。

ガソリンタンク製作 (491)

だいたいでいいんですけどね。

ガソリンタンク製作 (492)

ハンドル用に買った25パイホルソーで大体の穴あけ。

これじゃちっちゃいので、拡大します。

キャップのとこは、格安エアリューターセット付属の砥石でやったんだけど、

ちょっとそういうのひくわーってくらい時間かかったし、

クソ暑いのにそんなんほんと嫌なんで、

あわよくば、27mmのホルソー買ったろうかとも思ったけど、

ほかに使い道が思いつかないのと、結局、使い捨てのくせにバカ高いので諦めました。

ペイしない道具は買わない主義です。よっぽど安ければ買うけど。

ガソリンタンク製作 (493)

ガソリンタンク製作 (494)

そんなわけで、

アストロでざくざく切れそうな刃を買ってみました。

なんだか微妙な値段でしたが、

そういう判断が鈍るような暑さなんで仕方ないです。

ガソリンタンク製作 (496)

一瞬でココまで削れました。

ガソリンタンク製作 (497)

むしろ削りすぎましたがいいんです。ちなみに1分かかってません。

前回のあの苦行はなんだったんでしょうか。

アストロまで行くのがめんどくさかったばかりに、ひどい目にあいました。

ガソリンタンク製作 (498)

さくっと溶接。

一発OKを狙ってびびって強めで大きく流しました。多分大丈夫。

接写しなくても下手なのがわかるこのクオリティ。さすが俺。


つぎはガソリンキャップ。

ガソリンタンク製作 (499)

元のトコ。

ガソリンタンク製作 (500)

キャップ付けてみました。

こんな風になります。

ガソリンタンク製作 (501)

ねじ山の長さを確認して溶接。

冷えるのを待っている間にタンク洗浄しておきます。

ガスキャップのベースを付けると洗浄液を抜くのが大変なんで。

ガソリンタンク製作 (507)

アセトンにしてみました。

ガソリンタンク製作 (508)

もうひとつ冷えるのを待っていた理由は、キャップを装着して確認したかったからです。

ちなみに、微妙に失敗して必要なタップまで溶かしました。

原因は、

ほんとは途中でまずい事に気づいたけど、時すでに遅かったので気づかないフリして、

調子に乗って強いので一気に流したからです。

こんなよくわからんサイズのダイスを買う気はさらさら無いので、

キャップにシール2枚がけで対応します。

結局のとこはすべて夏のせいやとおもいます。儚い思い出です。

そのうち、キャップを作り直しますたぶん。

そんなこんなで合体です。

ガソリンタンク製作 (509)

どんなかなーって。

ガソリンタンク製作 (511)

キリっ☆(二つの意味で)

ガソリンタンク製作 (512)

このへんは大体でね。

ガソリンタンク製作 (513)

どうせ修正せなあかんのでね。

ガソリンタンク製作 (516)

傾きみながら仮付け。

ガソリンタンク製作 (517)

遠巻きに見てもわかるこの低品質(再び)

溶接がいっこうにうまくならない件。


ここからいよいよ大詰め。リークテストです。

サンダーかけて、

ガソリンタンク製作 (520)

ガソリンキャップの穴をなんとなく塞いで、

ガソリンタンク製作 (522)

エアブロー。もちろん気圧は低め。

ガソリンタンク製作 (524)

ガソリンタンク製作 (523)

7.8箇所もありました。へたくそ全開。

仮リークテストも終わったので、

ガソリンタンク製作 (525)

いっぷく。

ちなみにアイスは本日二個目。

ガソリンタンク製作 (527)

遠巻きに眺めます。

さて。

ステーをどうしましょうかね。

ちなみに、

あとは、ステーつけて、リークテスト(本番)して、タンクシーラーかければ完成なんですが。


かなり悩んだ挙句、思いつかないのでひとまずタンクはここまで。

次回からリアフェンダーやります。すてーは思いついたらってことで。

















バルカンのワンオフガソリンタンク製作(16)

最近ですね。

時間に余裕があるといいますか、めちゃめちゃ暇だっていいますか、

まぁ、無職ですしね、かなりぼんやりしているんですね。

昼間はバイク乗ったり作ったりぼんやりしたりしているんですけど、

夜が暇なんですね。めっさひま。

バイク作るわけにはいきませんしね。うるさいんで。

そんなわけで、

大体は、映画見たりネットサーヒンしたりしているわけですけど、

ちょっとおもしろいサイトを見つけまして。


前からほんのり匂わせては頓挫している、ホームページ作成の件ですね、

ついに作り始めております。

無料でそれなりのものを作れそうな気配なんですね。

感触としては、中途半端にソフト使うよりいいじゃないかなと。直感で作れるし簡単で。

ちなみに、

http://ja.wix.com/ です。

これ、仕事でも使えるんじゃないかな?

迂闊に一から自分で作るより、かっこいいのできるんじゃないかなと。

いまんとこ、トップページとブログ誘導ページだけしかできてないんですけど。

基本的にはバイクの話のみで構成されるはずですし、

そちらでは、いままで雑に書いていた部分とか、書かなかった部分をしっかり書いていこうかなと。

ある程度、形になったら公開しようと思うんで、

その時には、覗いてやってくださいませ。










こんばんわ。

ブログネタ募集中でお馴染みのチェ・今江です。どしどしどうぞ。

どうでもいいですが、

前回更新分が、あまりにひどかったので、

削除しようかと思いつつちょっとタイトルを変えました。

今回は反省してるっぽく、幾許かちゃんと書こうと思います。


そんなわけで、ここ数日こつこつ進めてきた、ガソリンタンク製作のお話。

前回までで形にはなりましたね。

次は、つけるべき物を付けていきます。

ガソリンタンク製作 (489)

こういう感じで、自分では作りづらい物が市販されているのはありがたい限りですね。

親切対応でお馴染みのネオファクトリー製です。

セールのときが狙い目ですよ。


まずはガソリンキャップをつけます。

コレはかなり迷いました。ここかあそこかと。

でも、どうにもしっくりきません。

そもそも、でかすぎるんですね。

あと、このタンクにつけるには、いまいちぴんとこない。

かなり探した結果、わかったのは、かっこいいのはお高いって事です。世の常ですが。

あと、なんかでかいし。ちっこいのがほしいんですけど。

そんな不本意なの買うなら、鋼材いっぱい買うわいって感じですね。

いや、困りました。どうしましょうか。

まぁ。

無いなら、作ればいいんすけど。

それがこれ。

ガソリンタンク製作 (490)

何に使う用かはわからない、謎の配管。

ホムセンにて購入。

ガソリンタンク製作 (491)

ガソリンタンク製作 (492)

鋳物かな?よくわからんけどステンレス製です。

ついに禁断のステンレスですね。

このブログでは初登場ではないでしょうか。

ガソリンタンク製作 (493)

いろいろ確認と検討。

何とかなる気がしたので、やってみます。

まずは切断。

ガソリンタンク製作 (494)

いつもの切断刃だと、お逝きになる気がしたんで、

ガソリンタンク製作 (495)

こんな時用に安い砥石も持っています。

ちなみに、この切断刃¥5000くらいします。切断機は¥7000くらい。

なんだかなーって感じです。

ガソリンタンク製作 (497)

切ります。

ガソリンタンク製作 (499)

こんな感じを、

ガソリンタンク製作 (500)

こうなるわけです。

ガソリンタンク製作 (502)

次は、ステンレス板を切りまして、

ガソリンタンク製作 (503)

こういう構成です。

ガソリンタンク製作 (504)

こんな感じで合体させます。

ガソリンタンク製作 (514)

空気穴あけました。

4つ穴あけんのに、数回、キリ研ぎました。

結果的には、ボール盤使わんほうが早かったですね。

わかってやってるんでいいんですけど。

ガソリンタンク製作 (517)

一番上の部品、鋳物の部分ですね。

これ厚みが4mmくらいあるんですけど、焼けて半分くらいでキリ入っていかなくなりました。

何度か研いでやってみたんですけど、当った1秒後には鳴いちゃうんで断念。

仕方ないんで、でかいキリで、皮一枚のこしで力ずくで開けてから、

貫通だけ本来の大きさで強引に。

ちなみに1.5mm。うちにあるキリで、これが一番小さいからってだけの理由です。


さすがにこの細さのキリでこの厚みの物をハンドドリルで開ける気にはならんので、

ボール盤でやったけど、そもそも回転早すぎなんですよ。何度も書いてるけど。

コレも改善したいけど、プーリーの外し方わからんのですよね。

まだ、そんなにしっかり見てないんだけど。叩き込んであるだけかな?

ガソリンタンク製作 (518)

そんなこんなで本溶接。

ステンレスの棒が無いんで、ステンの針金流したりました。意外といけました。

ごっついし、トルクかかるわけじゃないし、割れなきゃいいなって希望的処置です。

そもそも、ステンの鋳物用のTIG棒ってあんのかな?

ほんとは何用つかうのが正解?だれか教えてくださいませ。

ガソリンタンク製作 (520)

でけました。

ねじ山からもれないようにOリング仕込んであります。

耐ガソリンはニトリルゴム(NBR)より、フッ素ゴム(FKM)が優れているらしいです。

ネットで買えるけど、お手軽なホムセンでニトリルゴム(NBR)のリング。

ダメそうならそん時に改めてフッ素ゴムのやつ買います。

ガソリンタンク製作 (521)

確認。

ガソリンタンク製作 (522)

穴あけすぎたかな?これは実走で確認ですね。

ここで、ちょっと確認します。

ガソリンタンク製作 (525)

おうちょっと低くすれば良かったすね。

もう手遅れだけど。

そしてこの作業もうやりたくないすね。

ステンもう嫌や。


キャップが基本的な形になったので、

つぎは取り付けを考えます。

ガソリンタンク製作 (528)

せっかく叩いた鉄板を、

ガソリンタンク製作 (531)

切ります。

ガソリンタンク製作 (532)

元に戻すの大変なんで、

よく考えました。写真3枚ではちっとも伝わりませんが。

ガソリンタンク製作 (534)

切りそろえました。だいたいですけど。

ガソリンタンク製作 (538)

型紙。

ガソリンタンク製作 (542)

ガソリンタンク製作 (544)

切りまして、

ガソリンタンク製作 (545)

ガソリンタンク製作 (548)

穴あけ。

ガソリンタンク製作 (550)

リューターで拡大。

ガソリンタンク製作 (552)

こうするわけです。

次は、タンクに装着。

ガソリンタンク製作 (553)

ガソリンタンク製作 (554)

こうして、

ガソリンタンク製作 (555)

ガソリンタンク製作 (556)

こうで、

ガソリンタンク製作 (557)

叩いて修正して、ざっくりと形に。

ガソリンタンク製作 (558)

こうやって使います。

ガソリンタンク製作 (559)

ガソリンタンク製作 (560)

切りまして、

ガソリンタンク製作 (561)

こう。


ここで、手が止まってます。

組み立て方間違えると、大変な事になるんで。

よく考えて、次回はこの続きです。


それではごきげんよう。




バルカンのワンオフガソリンタンク製作(15.5)

お気づきの方がいるのかいないのかわかりませんけど、

先日から記事下の広告が消えまして。

グーグル大先生のとこのアドセンス殿からお達しがありまして、

なんぞ気に入らん事があるから、おまえんとこの外すわーって話です。

いや、むかつくのがね、

支払い額がたまる直前やった事です。

ペース的には、うまくいけば今月、遅くても来月って感じで。

正直、このタイミングって悪意があるとしか思えんのですが気のせいですかね?

かっこ悪いなーって思いながらも、

やってみたらいがいとコツコツいきやがるもんで、この一年半くらい我慢していたんだけど、

結局、この仕打ちかと。

検索したらちょいちょいあるみたいすね。

まぁ、いいんですが。










どうも。

ロッキーバルモアです。

今回は雑に書きます。

いや、

ご不満はグーグルの野郎にお伝えください。

ご丁寧にで返答してくれますのでご安心を。(ロボが定型分を)


さて。

アレの続きです。

ガソリンタンク製作 (368)

これで、

ガソリンタンク製作 (387)

こうして、

ガソリンタンク製作 (399)

こうで、

ガソリンタンク製作 (429)

こうです。


書き始めてみたは良いけど眠くなったんで今回はココまで。

それではごきげんよう。






counter

calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

profile

aika

Author:aika



石川県在住の36歳



雑に書いている為、メンテ記事等でわかりにくい所があれば最新日記にコメントするかメールフォームよりご連絡くださいませ。

もちろんフリーリンクで相互リンクも喜んで♪

contact

名前:
メール:
件名:
本文:

category

comment box

new

great!!!

archive

RSS

QR

QR

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。