aika-shokudo

Category : バルカン外装

カスタム検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

汎用スポーツスタータンクをバルカンに取り付ける方法を考えてみる。

近所のよく行くコンビニにですね、

わかいねえちゃんが働いてるんですね。

ふわふわの長い金髪でなんともギャルギャルしいねえちゃん。

年のころは10代そこそこかな?そんなねえちゃん。

やる気があるんだか無いんだか、でもサボってるわけでもない普通に働くねえちゃん。

珍しくもなんともないですね。よくいます。

そのねえちゃん。どっちかっつーと、美人さんなんですね。すらっと長身で。

わからんけど、きっと美人さんの類に入るかと思われます。

常にすっぴんだけど、すっぴんすぎて眉毛ないけど、それでも美人さんには違いないわけです。

その金髪のギャルギャルしい美人のコンビニねえちゃん。

なんでしょうか。

僕には、男にしか見えないんですよ。

長いふわふわ金髪だし、美人だし、女性的なやや高めのかわいらしい声なのに、

なぜかずっと前から、どうしても男性にしか見えないんです。

なんででしょうか。

だれかおしえてください。

(知らんがな)








今日は降ったりやんだりと晴れたり曇ったりで大忙しでしたが、

皆様のお住まいの地域はいかがでしたか?

油断していたらキャブに水が入りましたでお馴染み、どうも、インリンオブジョイトイです。

今回は、前回の予告どおり、

ネオファクトリーの汎用スポーツスタータンク(スポタン)を、

バルカンに装着する為には?ってお話です。

いや、売れたんでね。

ブログネタありがとうございますつーことで。

ガソリンタンク製作 (425)

もちろん、ラジエターのあれこれは移設です。当たり前。

とりあえず、のっけてみる。

ガソリンタンク製作 (423)

前によせるとこう。

ガソリンタンク製作 (424)

後ろにめいっぱい下げるとこうですね。

微妙な違いだけだけど、こうやって付けてる人が多い気がします。

ちなみに僕は前によせた方が好みだったりしますが。


問題は取り付けです。

なまじフレームがすっきりしているからって、

フレームに穴空けて、そのままタップってのを見かけますね。

これはバルカンに限らず、一本フレームに載せる場合にやりがちなんじゃないかな。

もちろん、自分でいじってる限りは自己責任やと思いますし、

どうしようと勝手だっていえばそうなんですけどね。

僕も傍から見ればどうでしょうって感じですし。

ただ、

これは危ないですって言い切れます。

フレームパイプの肉厚って3mm前後かな?

仮に3mmだとして、M8の1.0mmピッチのボルトで固定したとして、

平面であれば3山のタップになるわけですね。

でも実際は、Rがかかっているわけで、きっちり1周分のねじ山がたっているのは、

はたして3山もあるのか?って話です。


そもそも、3山でいいのか?って話が大前提にありますね。

そんな状態のボルト2、3本でとまってるタンクなんて、

ちょっとケリでもいれれば、外れそうですよね?

まぁ、バイクのタンクにケリを食らうような状況なんてそうそうないだろうけど、

ありそうな話で言えば、転んだ時とか。

ぽてんと立ちごけ1回位ならい大丈夫かもしれないけど、

がっしゃーんっていった場合はどうでしょう?

やばい気がしません?

ちなみに、転ばなくても振動で負荷がかかり、

ずぼっと切ったタップごと抜けるなんてのもあります。

これは、実際に見た事も直した事ありますね。


しばらくは大丈夫でも、そのうち壊れる付け方をするのってどうかと思いますね。

しかも、簡単には直せないと思います。

M8のボルトの次は、

簡単に手に入るサイズとして、M10の1.25かM10の1.5でしょうか?

それこそタップがより少なくなるんで、同じ事になるのは時間の問題でしょうね。

まぁ、

こういいながらも、ほんとは気持ちはわからんでもないんですが。

シンプルにすっきり付けたいのはよくわかりますし。

20110817210433afa_20130707212205.jpg

簡単にこの方法でつけようと思ったら、

写真のようにフレームにナットを仕込むか、

貫通穴あけてパイプ仕込んでってのがシンプルでいいんでしょうけど、

どちらも溶接機ないとできないですよね。

それじゃ、どうしようかと。

やっぱり、ステーで付けるしかないんじゃないかなと。

ガソリンタンク製作 (420)

前は、補強プレートに貫通穴。

ガソリンタンク製作 (419)

こういう感じでならいけるかと。

次は後ろ。

ガソリンタンク製作 (418)

これがベストかなー。

ガソリンタンク製作 (417)

かっこわるいけど。

でも、

なんかのひょうしに外れかねない方法より、

かっこいいステーを考えた方が無難じゃないかなと。

まぁ、

前さえがっちり固定しとけば、後ろはフレームにタップでもいける気がしなくも無いけど。

最悪、いきなりタンクを落っことす事はないだろうし。

おすすめはできないですけどね。

ついでにステー参考画像。

ガソリンタンク製作 (416)

ガソリンタンク製作 (415)

ガソリンタンク製作 (414)

あとは曲げるだけ。

画像はボルトを溶接しているけど、組み立てでもいけますね。

つーわけで、個人メッセージですけど。

このステーは、読者様特典って事で同梱しましたので、使えそうなら使ってくださいませ。

もちろん、無理して使う必要は無いですよー。

自分のバイクなんだから、自分が好きなようにやるのが一番良いと思いますので。


いいタイミングなんで、最後にもう一つ。

締めこんだボルトってなんで緩まないか知ってます?

ここからは、わかりにくいと評判の手書きで説明します。

IMG_0916.jpg

これ、板にタップ切ってあるものとおもってください。

IMG_0917.jpg

ボルトいれます。

IMG_0918.jpg

小さく書きすぎたので、書き直しました。

IMG_0919.jpg

伝わるかな?

詳しい理屈ってのは割愛しますので、気になるひとは自分で調べてくださいね。

一言でいうと、ようは、ココって書いたトコ同士がくっついて、摩擦抵抗でゆるまないんですよ。


その仕組みを踏まえて、極端に言えば、

IMG_0920.jpg

ボルトががったがたってのはあまり無いだろうけど、

取り付け部が、がったがたなんてのはありそうなんでこう書いたんですけどね、

そりゃ、緩みやすくなるわけです。

ちなみに、パイプだと、

IMG_0921.jpg

もはや接点ほぼないですよね。

実際に、めちゃめちゃ緩みます。ダブルナットやらスプリングやらとがんばっても無理です。

じゃあどうすんのってわけですけど、

IMG_0922.jpg

こういう形状のを作って、

IMG_0923.jpg

貫通穴だったら、こういう感じになります。

こんな部品見たことないですか?単なる飾りじゃなくてちゃんと意味があるんですね。

ありがちなのは、キャップボルト、六角レンチなんかで回すようなボルトですね、

そういうのでこっそりこうなってるのを見かけますね。

同様に、飾りっていうか、ワッシャーがわりになってるのもありますけど。


これとは別に、

根本的に振動が多いと緩むものは緩むんですけどね。

古いSRとか、古いハーレーとか。

そんなとこまでロック剤つけんの?ってのが当たり前だったりとか。


そんなわけで、こういう趣味をもっていればわりとな常識的な話ですけど、

自分でやる派なら、知っといても損はしないかなって話でした。



今回はこの辺で。

次回はバルカンのお話です。

それではごきげんよう。







バルカンのオイルキャッチタンクのワンオフ製作(6)と、グラインダーの話。

まずはお知らせ。

リンクさん追加で御座います。

お酢の力 軸付砥石 「酢」さんのブログです。

お酢の力~の「酢」さんのブログです。「お酢」さんではありません「酢」さんです。

皆様、お間違えなきように。(前回ブログの返コメ、訂正いたしました。すいませんすいません)

ハーレーを手作りでカスタムされております。

写真も細かく、説明もきちんとされております。自分で作業する上での「お役立ちショップ」のリンクも多数ですし、

ほんと、見習う部分いっぱいです。


ちょっと質問させていただいたのですが、

以前から、ショップブログ等のカスタム記を見てて、「そこまで必要?」「なんでここまでするんだろう?」とか思う部分が結構あったんですね。

具体的に言えば、補強やらブレ対策やら。

その辺の理由が、なんとなくわかった気がします。そして、これは単純に大変だなぁと。

そう考えると、なんというか国産を弄るのって俄然、楽ですね。

ほんと、ハーレー恐るべしですよ。

そうそう。

ちょっと便利なナットを教えてもらいました。

見た事ある物ではあったんですが、あんなに良い物だとは思っていませんでした。

あれならスプリングかけなくて済みますね。

今後、場所を考えて、使っていこうと思いますので、そのうち登場するかと思われます。

有益な情報を有り難う御座います。またお願いしますね。
















いやー。

ぼんやりしてたら、15時間爆睡のaikaで御座います。ごきげんよう。

金曜の昼過ぎから、土曜の朝まで寝るって、我ながらほんとどうかと思います。



さてさて。

今回はめずらしく昼前からの作業で夕方までみっちりやったんですが、前回最後の告知どおり、あまり書くことがありませんでして。

時間かかるくせに作業が地味すぎ、そのくせ重要っていうね。

本気出したら、写真三枚くらいで済む話なんですが、ここは無理やりにでも長く書きたい。だって、明日も休日だもの。


そんなわけで、いずれ書こうと思ってたネタを、ココで放出します。

内容としては、ほんとに些細な事なんですけど。

これから、自分で部品を作ってみようとしている人に向けた話です。

そんなの当たり前じゃね?って事をあえて書いてみようかと。

これ、物凄い狭いシェアに向けた発信ではあるんですが。

例えば、ドリルのキリ(刃)って、ちゃんと自分で研いでますか?って話とかね。

ステンレスなんかに穴開けたら、すぐに切れなくなるでしょ?

使い捨てじゃないですから、切れなくなったら研げばいいんですけど。サンダー一つあればできますし。

これは、ググルといっぱい動画やらなんやら出てくるんですけど、明らかに、ある程度できる人に向けたものが多かったりするわけです。0を1にするんじゃなくて。1を2にする内容ですね。0を1ににする方が、同じ1歩でも難しいんですが・・。

さて。

前置きが長いですが、今回はサンダー(グラインダー)の話。

サンダーは切ったり

バルカンのワンオフオイルキャッチタンク (358)

削ったりするのに使うわけですよね。

問題は、この削る時です。

刃は削る面に対して、水平の方がいいです。

なんでかっていうと刃を立てれば立てる程、面がガタガタしがちになります。

理由は、狭い面積に集中して刃が当たるからですね。

水平って言うのは、

バルカンのワンオフオイルキャッチタンク (349)

こういう事です。

この方が、刃の接地面積が多いんで、ピンポイントな凹みになりづらい訳です。

厳密に言えば、削ってるわけですから、サンダーをかけた時点で少なからずは凹む訳ですけど、

この方がなだらかに削れるのは、理屈でわかると思います。

ようは、この方が仕上げの時に目立ちにくいですよって事ですね。

でも、

バルカンのワンオフオイルキャッチタンク (353)

カバーが邪魔して、水平に当たらないようになってます。

では、どうすればいいか?

バルカンのワンオフオイルキャッチタンク (364)

削っちゃえばいいんですよ。

バルカンのワンオフオイルキャッチタンク (367)

バルカンのワンオフオイルキャッチタンク (368)

こういう事です。

もし、ボルト頭が出るようなら、

バルカンのワンオフオイルキャッチタンク (374)

削ればいいんですけど、これしちゃうと、厚い刃を掴めなくなる可能性もあるんで注意です。

バルカンのワンオフオイルキャッチタンク (377)

使いやすくなりました。

バルカンのワンオフオイルキャッチタンク (378)

いっぱい削れる刃用。

バルカンのワンオフオイルキャッチタンク (379)

やんわり削れる刃用。

バルカンのワンオフオイルキャッチタンク (380)

切断する刃用のカバーは、必要がないので純正のままです。


僕は、刃の交換がめんどくさいんで、使い別けるのに3台なんですけど、

もう一つメリットがあって、交換が億劫で適切な刃で作業しないってのも防げます。

いっぱい削れる刃で大体の形にして、やんわり削れる刃で仕上げる。

これで効率が上がりますし、刃の無駄遣いも防げます。

あと、

写真のような砥石形状やサンドペーパー形状の刃は、値段が高くても安くてもそんなに変わりませんので。

倍の値段でも、倍削れるわけではないです。やっぱり、高い方がほんのりと使い勝手はいいですけど、その程度です。

迷わず安い方を買いましょう。

サンダー本体も、高くても安くても、そんなに変わんないかな。

長い目で見たら、やっぱり日立やマキタなどの大手メーカーがいいんですけどね。

機械的に壊れる所って大体同じですし、

物の質感が違うのと、微妙に使いやすいのと、修理できるって利点くらいでしょうか。

ちなみに、メーカー品と、うちの¥2000のとの違いは、作動音がなんとなく五月蝿いのと、配線コードがなんだかゴワゴワする所くらいでしょうかね。能力はかわりませんね。

同じ値段で速度調整機能が付いてるのがあれば、迷わずそちらを選びましょう。いずれ役に立ちますので。

まぁ、ホビーでやる限りは、使いたい道具を使えばいいと思うんで、この辺は参考までに。

最後に。

今回は、サンダーのカバーを削りましたけど、必ずしも不要とは言い切れない部分を削っております。

ただでさえ危ないのに、危険度が増しておりますので、皮手なり軍手を着用の上、ご使用の際は充分ご注意くださいませ。



長々と書いたけど、ここから本題。

バルカンのオイルキャッチタンクの製作の続きです。

今回は、漏れを防げるか検討します。

バルカンのワンオフオイルキャッチタンク (387)

こういう感じで溶接失敗してる所や目に見えない隙間をひたすら埋めます。

隙間の確認方法は、ココに書いてあります。

半田をする前に、あしつけと脱脂です。

手が入らないところは、

バルカンのワンオフオイルキャッチタンク (390)

バルカンのワンオフオイルキャッチタンク (391)

こういうのを使います。

バルカンのワンオフオイルキャッチタンク (398)

バルカンのワンオフオイルキャッチタンク (400)

バルカンのワンオフオイルキャッチタンク (401)

こんな感じで半日やってみたんですが、

バルカンのワンオフオイルキャッチタンク (402)

かなりいい所まではいくんですが、完璧には防げず・・。

これの場合は内部コーティングで問題ないですけど、

結局の所、ガソリンタンクの製作のお試しで作っているわけですからね。

どうかなー。やばい気がするなー。

なんだか、強度的に不安ですね。

そんなわけで、穴を塞ぎきれなかったんで、組み立て式にする予定だったステーは溶接しちゃいました。

バルカンのワンオフオイルキャッチタンク (329)

せっかく入れた半田も溶けちゃいましたね。そりゃそうだって話ですが。

バルカンのワンオフオイルキャッチタンク (405)

後は、ホースのフィッティングをして完成ですが、

ブローバイの取り出し口が決まってないんで、とりあえずこのまま保留です。



次回から、新たな部品を作ります。その時に、罫書きの話も一緒に書く予定です。





バルカンのオイルキャッチタンクのワンオフ製作(5)

どうもaikaです。

今日は、あまり時間が無いので、だらだら書かずに、さらっと雑に済ませようと思います。







さてさて。

今回も、バルカンのオイルキャッチタンクの製作です。

前回の続きですので、ココまでの流れは過去記事参照ですが、

ぶっちゃけ、ステーの製作?みたいな?感じ?

ほんと、

無駄に語尾に「?」をつけて喋るやつってさ、ケツを蹴り上げたくなるよね。みつを。

バルカンのワンオフオイルキャッチタンク (287)

まず、干渉してくる方のパイプをてきとーに切りました。

たぶん2~3cm位です。知らんけど。

ここから、持ち前の妄想癖をいかんなく発揮させます。

バルカンのワンオフオイルキャッチタンク (288)

穴がいっぱい開いた、鉄板をどこからともなく出してきまして、

バルカンのワンオフオイルキャッチタンク (289)

曲げたり叩いたり、そっと荷物を持ったりの、さりげない優しさをアピりつつ、

バルカンのワンオフオイルキャッチタンク (290)

こうなりました。

そして、コレ、使わない方向で。

バルカンのワンオフオイルキャッチタンク (291)

丸棒を、

バルカンのワンオフオイルキャッチタンク (294)

つけてみたり。

バルカンのワンオフオイルキャッチタンク (295)

叩いてみたり。

バルカンのワンオフオイルキャッチタンク (296)

いつのまにかできてました。おそろしや。

バルカンのワンオフオイルキャッチタンク (297)

リア側もいつのまにやらおそろしや。

バルカンのワンオフオイルキャッチタンク (298)

おぬしを蝋人形とかにしてやろうかー。ぶはははは。

バルカンのワンオフオイルキャッチタンク (301)

はずして、

バルカンのワンオフオイルキャッチタンク (299)

ほんづけ。

バルカンのワンオフオイルキャッチタンク (302)

あ・・。

バルカンのワンオフオイルキャッチタンク (303)

もいちどかくにん。

バルカンのワンオフオイルキャッチタンク (304)

てんづけして、

バルカンのワンオフオイルキャッチタンク (305)

念のため、冶具に沿って、卦がく。

バルカンのワンオフオイルキャッチタンク (307)

おし。

バルカンのワンオフオイルキャッチタンク (317)

微調整して、恒例のタカさんチェック。右から2番目のこでしくよろ。

バルカンのワンオフオイルキャッチタンク (318)

もうちょっとRかければよかったなとか思った所でアフターカーニバルつーわけ。



なんやかんやで、形にはなりましたね。あとは細部です。

ここからがとっても地味な上に時間がかかる予定です。



本気出したら

1行で書き終わる内容なんで、

どうやって、

長文にしようかと検討せねばなりません。←今ココ。



まぁ、あれとかあれとか書くんでいいんですけど。



次回は(おそらく)ちゃんと書きますので、またのお越しを心よりお待ちしております。

それではごきげんよう。




counter

calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

profile

aika

Author:aika



石川県在住の36歳



雑に書いている為、メンテ記事等でわかりにくい所があれば最新日記にコメントするかメールフォームよりご連絡くださいませ。

もちろんフリーリンクで相互リンクも喜んで♪

contact

名前:
メール:
件名:
本文:

category

comment box

new

great!!!

archive

RSS

QR

QR

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。